先日、第2子を出産した女優・小雪さん。韓国で出産し、「産後調理院(産後院)」を利用したということが大きな話題になっています。プレママさんや将来出産を希望している女性は必見、「産後調理院(産後院)」についてご紹介します。

 

■産後調理院(産後院)とは?
産後調理院(以下、産後院)とは、女性の産後ケアを行なう民間施設のこと。特に韓国ではこの産後院が充実しており、韓国セレブをはじめ世界中の女性が利用しているといいます。2011年に産後調理院を利用した外国人は約2万人、うち日本人は1割程度にのぼります。(ちなみに「調理」とは、韓国語で「養生」という意味があるそうです。)

韓国の産後院の場合、利用料金は2週間でおよそ10万円。施設によっては40〜80万円くらいかかるところもあるようです。子どもの世話と並行して自分の身体をしっかり手当できる環境が整っており、骨盤のマッサージや産後の肥立てに良い食事、産後ヨガや肌質・体型管理などのプログラムが用意されています。
今回、小雪さんが韓国で出産したのも、産後院を利用したかったからとのこと。以前、番組の取材で韓国の産後院を取材し、そのきめ細やかなケアに惹かれたそうです。

出産後、しっかり身体をケアすることはとても大切。でも、実際、自宅での日常生活に戻ってしまうとそうも言っていられないのが現実です。自分や夫の両親に手伝ってもらえる環境であればいいのですが、必ずしもそうとは限りません。夫が忙しく、周囲に手伝ってもらえる人がいない。核家族化が進んでいる昨今、このような状況のママさんも多くいらっしゃることでしょう。産後院を利用することで、そんなママさんの負担を軽減し、母体ケアをしっかり行なうことができます。子どもの世話ももちろん産後院で行なえます。授乳や体調管理などを学ぶ機会もあるので、ママさんデビューの方には特に安心です。

 

■日本にも産後院はあるの?
産後院を利用してみたい! だけど海外での出産は不安…。日本にも、まだ少ないですが産後院が存在しているようです。産後ケアを受けられる病院・民間施設は以前からありましたが、産後院のようなサービス形態の施設は去年ごろからじわじわ増えてきています。

ある施設の利用費用は1泊6万円、日帰り利用の場合は2万円程度となっています。これを高いと見るか、しっかりケアを受けられるのなら相場だと見るか。産後ケアのひとつの選択肢として、事前に検討してみる価値はあるでしょう。
今後、日本にも、手頃な値段で誰でも利用できるような産後ケア施設が増えるといいな、と個人的には思っています。

 

【参考】
中央日報、2012年1月14日「<芸能>小雪が韓国で女児出産 産後調理院に注目」