「35歳を過ぎると、転職は難しいですよね…」35歳以上の女性からよく質問されるフレーズです。だから、応募書類を何度出しても採用されない。そう思っている方も少なくないかもしれません。でも、本当に年齢だけが理由でしょうか? キャリアコンサルタントの視点から、35歳以上の方のための転職・復職のポイントをお伝えします。

 

■たしかに35歳以上は難しい

転職業界でよくささやかれる“35歳限界説”。これは35歳を過ぎると求人数が少なくなり、ポテンシャル採用が難しくなることが理由です。未経験の仕事にチャレンジするなら、35歳がひとつの目安になります。お気づきの通り、年齢とともに記憶力や集中力は低下し、新しいことに対して抵抗感を抱きやすい傾向に。やる気があっても未経験の仕事へのチャレンジはハードルが高いかもしれません。

 

■明暗を分けるのは、「求人情報の選び方」

実は、あなたの能力以前に、転職活動の明暗を分ける重要なポイントがあります。それは、「求人情報の選び方」。

35歳以上のあなたが応募を検討している求人情報に、もしも「イチから教えます」「20代が多い職場」等の記載があれば、直ちに応募をストップしましょう。それは20代向けの採用募集です。

企業が35歳以上の社会人に期待することは、「実務担当者としてマネジメント力」を活かして活躍してくれること。たとえば、

・経験を活かして実績を出す
・様々な価値観の方を巻き込みながら組織を活性化する
・若手の指導やリーダー役も積極的に行う

などの能力を求められているのです。ですから、あなたが探すべきなのは「今までの経験を活かせます」「リーダーとして活躍をお願いします」「様々な年代のお客様の対応」など、30代・40代以上に向けた求人情報です。

 

■35歳以上のあなたの強みとは?

今までの社会人経験は、何年ありますか? 新卒の方からみたらあなたは立派な「ベテラン」。仕事のやり方だけでなく、ビジネスマナー、トラブルの対応力、交渉力等の社会人として必要な力が備わっている。それらは、職場が変わっても応用できる力です。

出産・育児でブランクがあっても経験不足だと悲観しないでください。妻・嫁・母と複数の役割をこなし、地域や親戚との付き合いもクリアしてきたあなた。消費者の視点、段取り力、コミュニケーション力が磨かれています! それらも「社会人」としての立派な経験なのです。

 

年を重ねたということは、それだけ人としての魅力も増したということ。面接では、遠慮なくあなたの魅力を伝えていきましょう。それが35歳以上のあなたの強みです。