前編では、ママがプチ起業を始めるとよく陥りがちな状況としてありがちな3つの悩み、「お客様がお友達の関係から抜け出せなくて困る」「忙しくなりすぎてパニックになりそう」「家族の都合に振り回されて仕事をジャマされる気がする」についてご紹介しました。

そこで今回は、これらの問題について解決するための具体的な方法について見ていきたいと思います。

 

◆お友達の関係から「お仕事関係」に切り替えよう!

そろそろ本格稼働。でもお客様は友人のみ…。そんな状況から脱却したいときまずやることは、友人たちへの「仕事開始宣言」!

「おかげで準備が整いました。今までありがとう。今後はお客様を募ってやっていきます」

と宣言してしまうのです。そして、本当に興味があったら今度はお客様としていらしてね、という言葉を添えましょう。同時に価格もメニューも一新し、新しいお客様を呼び込む活動をスタートします。

友人だって、まだお客様も集まっていないようだからと気遣って来ていたのかもしれない。そのまま居心地がよくなりママ友達のたまり場になっていた可能性もあります。

むしろ宣言しないことは、相手にも迷惑をかけてしまうのです。

 

◆忙しくなりすぎたら、仲間を増やそう!

お仕事の依頼が増えて自分ひとりでは回せなくなってきたときにやることは、「仲間に仕事を渡す」!

たとえば生徒さんの中に、「アシスタントをやってくれるかも」と思い当たる方はいらっしゃいませんか? 同業者の中に「この方だったらお願いできる」と思う信頼できる方はいませんか? 思い切って相談してみましょう。
人に渡したら自分のチャンスが逃げてしまう…最初はそんな不安を感じるかもしれません。大丈夫、仲間が増えることでできる仕事が広がり、人に仕事を回すことでその分新しい仕事ができるようにもなる。自分もより成長できるチャンスなのです。

自分の成長のために、仲間へ仕事を依頼しあなた自身の事業を拡大していきましょう。

 

◆家族がママの仕事を応援できる体制をつくろう!

大きなチャンスが回ってきた。さあこれから、というときに限って家族の問題が起きる。もしかして、私の仕事をジャマしてる? そう感じたときにやることは、「家族にあなたの仕事への強い想いが伝わっているか確認」!

家族のライフイベントで忙しくなることは、あなたも家族も気づいていたはず。お互いに「やってくれるだろう」と期待していたのでは? その裏には「ママの仕事は趣味の延長。何かあれば辞めてくれる」という家族の想いがあるのかもしれません。

家族も大切だけれど、仕事も大切。「将来こうしていきたい」という、仕事に対する真剣な想いを伝え続けましょう。できれば仕事の実績もオープンにします。その上で、家の中のことで、今の自分ができることとできないことを伝え、どうやって家族の問題を解決していくのかを話し合いましょう。
あなたの仕事への強い想いが伝わったとき、家族があなたにとっていちばんの応援団になってくれると思います。

 

いかがでしたか?
今回は、ママのプチ起業のコツとして以下の3つのポイントをお伝えしてきました。
お友達関係から抜け出すには「お仕事開始宣言」をすること。仕事で忙しくなりすぎたら仕事仲間へ仕事の一部を渡すこと。そして、家族に応援してもらえる環境を作るために、仕事への想いを理解してもらうこと。

これらはすべて、周囲との関わり方を変えることでできることですよね。

そう、周囲との上手な関わっていくことで、あなたの事業は大きく飛躍するのです! これは子育てを通して親戚、地域、ママ友達と人間関係を築いてきたママだからこそできる成功の秘訣。ママの力、人間力を使って、プチ起業も成功させていきましょう!

 

【関連記事】

※「応援! ママのプチ起業【前編】「陥りがちな状況とは