「ボスマネジメント」とはその名の通り、ボス=上司を部下の立場からマネジメントする技のこと。「ボスマネジメント」は、経営戦略・人材・資金など幅広い観点から経営について学ぶMBAにおけるテーマのひとつであり、海外の企業では、マネージャー研修科目にも取り入れられているビジネススキルのひとつです。今日はこのスキルについてご紹介します。

 

■あなたの上司は「~してくれない」!?

以下の中で、今あなたが上司に感じていることはありますか?

  • 私が困っている時に上司が手助けしてくれない
  • 上司が仕事を任せてくれない
  • 上司が私の苦労を理解してくれない
  • 上司が私の能力を引き出してくれない
  • 上司が私の話を聞いてくれない

もし、ひとつでも当てはまったら、あなたは上司とのコミュニケーション状態を見直したほうが良いかもしれません。

 

■「ボスマネジメント」を駆使して仕事をスムーズに!

マネジメントと聞くと、上司から部下に指示や管理をしていくスキルと思われがちですが、自分が部下の立場であっても周囲の関係者をマネジメントするのはとても重要なことです。課長やマネージャーに限らず、経営のトップでない限り必ずボスは存在します。その上司を部下の立場から最大限に活用し、良い関係を築けば、自分の仕事をフォローしてもらい、あらゆる知恵・経験・人脈を効率良くお借りすることができ、あなたも成果が出しやすくなるのです。

■上司をうまく褒めるコツ

上司と良い関係を築く第一歩として、まず上司を褒めることをオススメします。 あなたは上司を褒めたことがありますか? 部下は、上司からの注意やアドバイス、時には褒め言葉を受け取るだけでなく、良い信頼関係を築くためには部下からも上司を褒めましょう!  しかし、いきなり「今日のネクタイは素敵ですね!」などとビジュアルを褒める(これも一つの手ですが)のではなく、上司の本質的な強み、良い所を感謝の気持ちを乗せて褒めるのです。

例えば……

・人脈豊富な上司なら
「○○さんのおかげで、営業との調整がうまくいきました!さすが人脈が豊富ですね!」
・企画が得意な上司なら
「あの企画書の修正がとても役立ちクライアントにも褒められました!的確なご指示ありがとうございます!」

といった具合に上司のビジネス上の強みを見つけてアドバイスを仰ぎ、感謝の意を表しましょう!

 

■信頼関係の向こうにキャリアアップの道が…

上司も人間です。自分の強みやキャリアに理解を示し、サポートしてくれる部下がいたらどんなに心強いでしょう。まずは、上司の経験や得意分野をリサーチし、情報収集をしてみましょう。さらに、上司が自分に何を求めているのか探りましょう。単なる仕事の指示だけでなく、チームの中でどんな立場や発言を期待しているのか、などにも気を配るとあなたにどんな役割を期待しているかがわかります。 それに応えた上で、自分のやりたいことやアイデア、今後のキャリアプランなども相談すればきっと上司も積極的に耳を傾けてくれるはず。最終的には自分のキャリアアップの道が開けるかもしれません。 この春、「ボスマネジメント」で上司をバッチリ味方につけてみませんか?

 

【この筆者の他の記事】

※「モテる女子の秘訣! 働くほど輝く○○人に学べ!

※「女の敵、”ジョヒオ”撃退でキャリアも業績もアップ!

※「女性のキャリアを支配するバイオロジカル・クロック!?