「勘弁してくれよ。第一印象から良くなかったよ」

企業の採用のお手伝いをしていると、担当者から不採用の本音をお聞きすることがよくあります。その中でも、第一印象が良くなかった、年齢の割には頼りない印象だった、といわれると支援者としてはとても悔しいものです。少しの工夫で突破できたかもしれないからです。
今回はそのような、面接突破につながる大人の女性の”第一印象”についてお伝えします。

 

◆ 面談で見られているのはココ!

面接に行く時のスーツは「リクルートスーツ」ですか?
その場合は、年齢よりもかなり老けて見えて、あなたの魅力が半減している可能性があります。年齢と合わないな、若作りしているのは自信がないのかなと思われています。質疑応答時に面接官の反応が良くなかったのは、第一印象が良くなかったせいでもあるのです。

大人の女性であるあなたの場合は、採用後の職場でも着られるような「仕事服」としてのスーツを選びましょう。

具体的には、キャリア服を扱うお店で「仕事で着るスーツ」と相談してみてください。ポイントは、面接だけでなくその後に仕事に就いてからも着られそうなものです。色は黒・グレー・茶系・ベージュが着回しがききます。またジャケットだけ、スカートやパンツだけでも活用できるものがよいでしょう。少しストレッチが効いている、丈夫な素材であることが大切。インナーは薄いピンクやブルーなどのシャツや襟のないシンプルなものを選んでもよいのです。内勤の方でも取引先との商談や大切なお客様をお迎えするときにジャケットを着用する場面があります。会社の行事ではスーツ着用もあるでしょう。その時の自分をイメージして選びましょう。

 

◆ 参考になるのはこんな女性たち

参考になるのは営業職の女性です。スーツが仕事服ですから動きやすく上品なものを選んでいます。またインナーは清潔感があり、かつ派手すぎないものを着ていますよね。シンプルなパンプスと無地のバックを持っていますね。スーツ姿の男性と一緒になっても浮かない、それでいて女性らしさが表現できる、そんなスタイルを営業職の女性たちはもっています。

 

◆ 今の自分の年齢に合うスタイルで

アラサー以上の面接突破のポイントとして、

  • リクルートスーツではなく、大人の仕事服としてのスーツを選ぶ
  • 白シャツではなく、色のついたシャツや襟のないシンプルなインナーを選ぶ
  • 面接だけではなく、仕事でも着用できるストレッチが効いたものや丈夫な素材のものを選ぶ

というお話をしてきました。

そのために大切なことは、自分に合う色やデザインを納得するまで探すこと。前回の就職活動のときよりも年齢が上がっています。大人になった今の自分に合うものを選びましょう。

「自分らしい」というスタイルができたとき、自信をもって面接にも望めるでしょう。相手にもあなたらしさが伝わり、次の段階、本格的な質問へと進んでいくことでしょう。第一印象を変えて、あなたの魅力を自信をもって伝えていきましょう!