人は見た目だけじゃないとは思いつつも、だらしない服装や行動の人を見て、「仕事ができなさそう…」と思ってしまうのは仕方のないこと。概ね、女性たちはそれなりにマナーに気を遣っている方がほとんどですが、男性社員の振れ幅が大きいような気がするのは筆者だけでしょうか。

 

■身だしなみ編

「上場企業1000人調査で判明!一流の男と二流の男がどこが違うか」という記事の調査によれば、「身だしなみ」において女性たちから不評として挙げられていた代表例は下記の5つ。

  • 体臭がきついのにケアをしていない
  • 口臭がきつい
  • 鼻毛・耳毛が出ている
  • 足が臭い
  • メタボで汗っかき

「臭い」に関する嫌悪感は強そうです。思わず、「う、うちの夫は大丈夫でしょうか? 冬でも汗っかきなんです、すみません!」と平謝りしたくなりました。

 

■社内の行動編

続いて、不評な行動の代表例5つはこちら。「こんな社員、いるの?」 と思ってしまいますが、調査項目としてあるということは、頭を悩ませている人が少なくないんでしょうね。

  • 時間にルーズ
  • トイレで手を洗わない
  • ほかに人がいなくても電話をとらない
  • 仕事中にネットで株価やショッピングをする
  • しょっちゅう携帯をいじっている

さりげなく「トイレで手を洗わない」という項目が入っていることに筆者は驚愕しました。トイレで手を洗わないなんて、許せるでしょうか! 友人男性に確認したところ、男性トイレでは手を洗わない人が時々いるとの回答。彼自体は「それって不潔だよね!」と憤慨していましたが。

同僚に文具を貸すときは、手を洗うタイプの人かどうか、確認してから貸したいものです。もしも、トイレで手を洗わない男性から握手を求められた時は、いったいどうしたらいいのか悩みます。

 

たかが小さなマナーかもしれませんが、本来の仕事以外で「この人、できなさそう」とマイナス評価されるなんて、もったいない。女性の皆さん! ご自身はもとより、彼氏や旦那様が、まさかのNG行動をとっていないかどうか、ちょっと目を向けてみませんか。いっそうイイ男になるはずですよ!

 

【参考】

白河桃子(2013)「上場企業1000人調査で判明!一流の男と二流の男はどこが違うか」『PRESIDENT 2013年4月29日』pp22-27