今年のゴールデンウィークは、真ん中に平日が3日間挟まる飛石連休でしたね。
思い思いに休日を楽しまれたその後ですが、使いすぎてお財布がピンチ! という方も多いはず。今月のお給料日まであと2週間ほどあります。さて、この難問をどう切り抜けて参りましょうか(笑)。

本来家計支出を抑える王道といえば、家賃や通信費、保険など【大きな固定費を削減する】ことですが、残念ながら即効性はありません。そこで、今日からすぐできる家計やりくり術を2つご紹介します。

 

■その1. ネットオークションや激安店を賢く活用する

もうすぐ衣替えシーズン。
子育て中のお家では小さくなった子供服を処分する絶好のチャンスです。衣類整理を兼ねて、家の中をチェックしてみましょう。

リサイクルに出す場合の鉄則はお店でもネットでも同じ。これから必要になる【季節の1歩先を行く品】をタイミング良く売り出すこと。一方オークションで買う時のポイントは、相場観を養うため、狙う商品を初回で競り落とさず様子を見る。複数ウォッチングしておくこと。「今回ダメでも、あの出品があるわ」とばかりに心に余裕が生まれます。

新品衣料を買う場合、ママ友を誘って足を伸ばして「しま○ら」「コ○トコ」等の激安衣料店に出かけてはいかがでしょう。単世帯だと買い物に飽きたお子さんの世話が大変ですが、複数で行けば交代で子守したり、靴下やTシャツなど大量買い商品をみんなで分けることもできて、お互いメリットがあります。

 

■その2. 粉モノ料理でおトクに楽しく晩ご飯

粉モノといえば、そう「お好み焼き」です。
具材により味にバリエーションが持たせられるお好み焼きは、節約晩ご飯の強い味方。「○○カードの日」などを狙って、薄力粉や桜エビ、キャベツ、卵等まとめて購入しておきましょう。あとは、具材や合わせて食べるおかずにバリエーションを持たせつつ、家族が“いやがらない頻度で”食卓に(笑)。

基本は、食材を丸ごと購入して料理・味のバリエーションをいかに増やすか。ネギ焼きやチヂミ、チーズなどをトッピングしておつまみ風にするなど工夫してみましょう。思いつかなかったら、ネットで「食材名 変わりレシピ」で検索してみて!

最後にあらためて。
今回お伝えしたワザは、一時的な支出抑制のための言わば「カンフル剤」です。家計状況を把握して固定費を下げることが中長期的には大きな効果を発揮します。ほっと一息ついたら、忘れる前に次の一手を打ちましょう。

[執筆:海老原 政子(ファイナンシャルプランナー) ]

 

【関連記事】

※「お金が貯まるDINKS家計術! 小遣いバトルはもう卒業
※「共働き家計の危機と対策! 得意を活かした家計のコツ
※「進学費用どうする? 奨学金制度のウラ事情【前編】