「男性の下着の種類」と聞いて、みなさんはどんなものをイメージしますか?

女性のみなさんにはあまりピンとこないかもしれませんが、アラサー男性に最も支持を集めているのがボクサーパンツです。弟がいる私の記憶では、昔はブリーフとトランクスの2種類くらいしかなかった気がするのですが、それもそのはずボクサーパンツは2000年くらいから主流になった比較的新しいオシャレアイテムのようです。ちょうどこの頃、ローライズジーンズが流行し出したこともあり“セット”で楽しむトレンドが生まれたようです。男性のみなさんに馴染みのあるボクサーパンツですが、この季節はちょっと気をつけたいポイントが。妊活男子必見の“夏のおすすめ下半身ファッション”についてお伝えします!

 

■ 下半身の蒸れは禁物!

気温と湿度が高くなってくるこの季節、妊活中の男性は特に気をつけたいのがぴっちりとした下着とズボンです。男性の精子が熱に弱いのは割と知られていることですが、そもそもぴっちりとした下着やズボンを履き続けることによって熱が逃げにくく蒸れやすくなり、男性器が温められしまいます。さらにこのことで男性ホルモン(テストステロン)の分泌も弱くなってしまうのです。

 

■ 下半身こそクールビズ!

質のいい精子を一定数きちんとつくり蓄えておくには、睾丸の温度が体温より1度から2度ほど低くなっている必要があります。女性の子宮が体の中にすっぽり収まっているのは“温め”を重視するためなのに対し、男性器は体の外で“温度調節”ができるようにできているのです。そのため温度調節の妨げになるような格好は禁物なのです。毎日身につける下着やズボンがぴっちりしていたら睾丸の温度が慢性的に高くなるため、精子の活動に影響が出るというリスクが高まってしまいます。意識しすぎてもよくないので、最初は週1回でもいいので通気性のいいトランクスを履いてみたり、夏用スーツのズボンをすこしゆったりめのラインにしてみるなど工夫してみるといいかもしれません。

 

ちょうど先日、韓国でも「男性不妊が急増中」というニュースが大きく取り上げられました。朝鮮日報が伝えたニュースによると、この7年間で男性不妊に苦しむ患者さんが2倍にもなってしまったというのです。注目したいのはその背景。労働環境の変化によるストレスとファッションの変化が原因と考えられると報じられたのです。

女性だけでなく、男性もよりファッションに敏感に、そしてオシャレになってきた時代。“ぴっちりオシャレ”は、いまや女性だけのトレンドだけでなく男性のファッションにも当てはまります。過敏になりすぎるのもよくありませんが、機能性や体への負担を意識しつつ上手に取り入れたいものです。もうすぐ暑い暑い夏がやってきます!「クールビズは下半身から!」を意識して快適な夏を過ごしましょう。

[執筆:渡辺 さちこ]

 

【参考】

「韓国の男性不妊症、7年間で2倍に増加」朝鮮日報日本語版(2013年06月11日)