妊娠しやすい体づくりの基本は、なんと言っても体を冷やさないこと。外の気温が低くなる秋から冬にかけて、雑誌やテレビでは冷えとりや体を温めるレシピなどが紹介され、寒さとともに嫌でも冷えを意識するようになるものです。でも、冷えを意識したいのは寒い冬だけではありません。むしろ暑い夏こそ注意が必要です。どうしても冷たいものが食べたくなったり、ついつい冷房がきいた部屋に長時間居続けてしまったり…。夏は、知らず知らずのうちに冷え体質をつくってしまう危険があります。そこで今回は、夏こそ意識しておきたい冷えとりについてお伝えしていきます。

 

■  汗ダラダラ…でも体の中は冷えている!?

こんな症状はありませんか?

  • 体の上半身、特に顔や頭がボーっとしてのぼせたように熱っぽい
  • 冷房などで調節すると足先から冷えを感じたり、お腹が痛くなる
  • 夏は特に疲れが取れにくく感じる

一つでも該当する方は「冷えのぼせ」の可能性があります。これは冷え性の一種で、体の上半身、特に顔や頭だけがのぼせたように熱くなる症状です。原因は冷え性と同じく「血行不良」なので、上半身だけが熱っぽいということは上半身のみに血の巡りが偏っている可能性があります。

 

■ そもそも 夏は体が冷えやすい!

夏は冷房や冷飲食、薄着、シャワー浴などの影響で、体が冷えやすくなります。私たちの体温は最低でも36.5℃以上、理想は37℃前後と言われています。でも、今年のように連日猛暑日が続くと、体力維持のためにも冷たいものを摂取しがちになり、体温が一定になりにくくなります。特に今年は例年以上にアイスやシャーベットの売れ行きがいいようですが、冷たいものの摂取はお腹周りを急激に冷やすことになるので注意が必要です。下半身の血液の流れは「お腹→子宮→足→子宮」となるので、特に妊活中の方は意識しておきたいところです。

 

■ 夏の冷え対策

  • 夏の冷え対策について、ほんの一例ですが、いくつかご紹介します。
  •  週に2回以上は湯船に浸かる
  •  就寝時は腹巻きを着用
  •  オフィスなどでの強い冷房対策には、長袖や膝掛けを活用
  •  薄いストールを常備しておくと電車の中などでも便利!
  •  飲みの席では冷たいビールはほどほどに、常温の赤ワインを意識して取り入れる
  • 旬の夏野菜は体を冷やすので、根菜など体をあたためる野菜も意識して摂取

 

いかがでしたでしょうか。例年より早く梅雨明けして連日猛暑が続く毎日。早くも夏バテ気味の方もいらっしゃるかもしれませんが、暑さ対策の中に冷え対策を加えることでよりよい体調コントロールができます。暑さに負けず、元気な毎日をお過ごしください!

[執筆:渡辺 さちこ]