「若者の恋愛離れ」といわれて久しい昨今。どれぐらい恋愛から離れているかというと、20代女子における恋人がいない率は59.9%、男子においてはなんと76.6%、そのうち45.3%が「恋人いない歴=年齢」であるというから、特に男子における恋愛離れは顕著です。

 

■ 恋人がいない男子は休日どうしてるの?

恋人がいない男子は、休日をどう過ごしているのでしょうか?

実は、「男同士で男子会をしている。」というのが最近のトレンドのようです。以前も男同士で休日出かける風潮はありましたが、ツーリング、釣り、ゴルフ等、どちらかというと趣味偏重型であったのに対して、最近の男子は、男同士でスイーツを食べたり、ディズニーランドへ行ったり、旅行をしたりと中身は女子会と変わらないようです。
男子会に参加した若者の話をきくと、「恋人より面倒くさくない。好きなコトを好きなようにできる」「恋人といるとお金がかかりそう(イメージ)」等々。

とはいえ、男子会に出ない男子達も相当数いるはずで、じゃあ彼らはどうしているのかとブログなどを見ていると、ゲームやアニメ、SNSで休日、いや暇な時間の大半を過ごしているようです。異性に関しては、バーチャル女子の方がリアル女子より面倒もなくて可愛い等という話題が多く散見されました。ITの発達が「異性に会えない(?)時間」を埋め、同じような価値観の人間同士で繋がれ、安心感やエキサイティングな経験が得られているようです。

 

■ どうしてイマドキ男子はこうなった?

そもそもこの20代若者の背景を考えると、多感な時期をデフレの真っ只中で過ごし、浮かれることなく現実主義になった世代。ゆとり教育を受け、「集団よりも個人。競争よりもマイペースが良い」と教えられた世代。情報化社会で幼少期を過ごし、バーチャルなコミュニケーションを好む世代。他の世代よりもガツガツせず、ちょっとだけ自分の気持ちに正直すぎるだけなのかもしれません。

そんな彼らにとって「浮足立った」「ガツガツした」恋愛はフィットしないのも納得です。結婚をしたくなったら、結婚相談所や婚活サイトで相手を探せばよいのですから。なんでもメールでコミュニケーションを好む彼ら。恋愛に関しても、メールで告白して、メールで別れることに抵抗感もありません。

今の20代男子達が近い将来、家庭を持って子供をどう育てるのか…。「リアルなコミュニケーションも大事だぞ」と老婆心に声をあげたくなるトレンディドラマ世代の筆者がいます。

[執筆:マキコ・アサエダ(産後ライフプランナー)]

 

【参考】
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ、ブライダル総研 「恋愛観調査2013」