本田圭佑選手の移籍会見をニュースで観た人、きっと多いのでは? 彼はビッグマウスとも言われるようですが、有言実行として注目を集めますね。会見では「夢が叶った」「規律を守る・諦めない」「(期待に応えるための)イメージはできている」などの言葉が印象的で、「私も夢を持つ! そして諦めない!」とうっかり感化されそうな筆者です。

ところで、仕事と家庭の両立生活の開始が近づく頃に、不安についてキャリア相談に来られる方が増える傾向があります。精神論だけでは両立なんて出来ませんものね。両立の準備として、便利家電を用意する、中食を活用する、夫と家事分担を決めるなどがありますが、今回は、最終準備のポイントを日本経済新聞の記事(※)を参照しつつ、ご紹介します。

 

■ 予行演習をしてみよう

前述の記事に登場した女性は、職場復帰後を想定したタイムスケジュールを立て、予行演習を重ねたとか。寝起きの時間・掃除や洗濯のタイミングなどは、実際にやってみて、自分と家族に合うタイミングを計ったそうです。それにより、風呂掃除は朝より夜が効率的とわかったのだとか。他に予行演習の例として、朝の時間帯に登園ルートを確認することを記事は述べています。

つまり下記の2点を行うことが、職場復帰後をスムーズにさせるコツといえます。

  • 1. 職場復帰後のタイムスケジュールをイメージする
  • 2. 1に沿って実際にやってみる

 

■ イメージすることが鍵となる!

ところで、筆者のところにキャリア相談に訪れる方々は、予行演習どころか、職場復帰後の生活パターンを具体的にイメージしていない女性がなぜか多数派。そして、「うまく両立できるだろうか」という不安をお話しなさるのです。

よくわからないことに対しては、誰だって不安を感じるもの。不安を解決する鍵は、もうお分かりですね? イメージングが最初の一歩です。しかも、空想ではなく具体的に。

 

本田選手が「イメージできている」と自信たっぷりに言い切れるのは、このような場面ではこう動く! といったシミュレーションを数えきれないほど重ねたからこそでしょう。

本田選手ですら入念にイメージするのですから、私たちなら……? かくいう私も、本田選手や前述の女性に倣い、新しいことを始める場合には、しっかりイメージすることにします!

[執筆:五十嵐 ゆき(キャリアコンサルタント) ]

 

【参考】
※ 『日本掲載新聞』2013年12月31日「復帰後を予行演習」