「エレベーターに閉じ込められる夢」は、起業・独立をした方や、昇進した方がよくみる夢のひとつ。「エレベーター」には上下移動および高層ビルが関連しており、これらのモチーフは、社会的な地位や成功を象徴しています。

一言で「エレベーターに閉じ込められる」と言っても、状況によって解釈には幅があります。気になる夢のひとつとして、詳しくみていきましょう。

 

■ エレベーターに閉じ込められる夢の意味

心理学者イアン・ウォレスによれば、エレベーターに閉じ込められる夢は、基本的には、仕事上の昇進に関するイライラを意味しています。

エレベーターは、あるレベルから上位のレベルへ進む道。高層ビルの上層で開催される大切な会議は、成功を手にするチャンスの象徴。エレベーターに閉じ込められる夢は、自分には昇進の見込みがない…とあなたが感じていることを示しています。

 

■ あなたの「気持ち」に着目して、深い気づきを!

次に、ここからは心理学に基づく筆者なりの夢の解釈です。より深い気づきと現状の改善につなげるため、エレベーターに閉じ込められた夢の中における、あなたの気持ちを思い出してください。

一例を挙げてみましょう。

 

・何かの予定(会議など)に間に合わない「焦り」

起業や昇進によってあなたは、ある時期までに成功を手にしたいと思っています。今のスピードややり方では、遅いのではないか? その時期までに間に合わないのではないか? という気持ちが夢に反映されています。

自分を追い込みすぎず、計画を見直すことも時には必要かもしれません。

 

・どこに到着するか分からない「恐怖」

急上昇するエレベーター内に居て、どの階に到着するのか分からない恐怖。その夢は、急にビジネスが拡大し始めたり、急に責任が重くなったり、あなたの予想を超えて現実が進み始めていることを示唆しています。

この不安は「閉じ込められている=自分でコントロールできない」ことが要因。この急展開が、自分の目指す成功にどんな意味があるのかを、自分なりに消化する必要があるかもしれません。

 

上記は一例ですが「焦り/恐怖/不安/孤独」などの気持ちに着目してみると、現実におけるあなたの心の声に重なるのではないでしょうか。

エレベーターに閉じ込められる夢を見る人は、向上心のある人です。焦らず、怖がらず、あなたが成功への道を進んでいくことを応援しています。

[執筆:嘉納 夢子(夢診断アドバイザー), 2014年6月11日]

 

【参考】
※ イアン・ウォレス(2012)『100の夢事典』ダイヤモンド社