この4月に消費税が8%になったことに伴って、子育て世帯のために「子育て世帯臨時特例給付金」が支給されることになりました。増税の影響を緩和し、消費の下支えを図るということなのですが、支給されるのは一回のみ。それでも、支給してもらえるのはとても嬉しい限りです。当初の発表時には、自分で申請をしなくては受給できないといわれていましたが、実際はどうなのでしょうか?

 

■ 手続きはどうしたらいいの?

ご自身で申請をしなくてはならないといわれていましたが、役所から書類が送付されることになった自治体が多くあります。書類が届いた後の流れは、届いた書類に必要事項を記入し、添付書類が必要な場合は添付して、郵送もしくは窓口対応してもらうようになります。

この対応は各市区町村によって違うようですので、ご自身の対象自治体はどうなっているのか確認が必要になります。

 

■ 書類の発送はいつごろなの?

既に品川区や杉並区では、手続きの書類が各家庭に郵送されていますが、これから発送のところも。東京23区の日程をまとめてみました。

 

・6月中に書類を発送している区:
杉並区、練馬区、北区、千代田区、新宿区、板橋区、品川区

・7月上旬に書類を発送する区:
台東区、墨田区、中央区、渋谷区、葛飾区(7月頃とちょっと曖昧)

・7月14、15日に書類を発送する区:
港区、目黒区、世田谷区

・7月中旬に書類を発送する区:
文京区、江東区、豊島区、中野区(7月16日以降)、足立区(中旬から下旬にかけて)

・7月下旬から8月にかけて書類を発送する区:
江戸川区(7月末)、荒川区(7月下旬~8月上旬)、大田区(8月28日以降)

 

それぞれバラバラではありますが、意外と6月中でも発送している区があり、8月中にはどの区も発送終了するようです。違う区のママ友と同じとは限りませんので、ご注意を。書類の発送時期が違っているため、手続き期間もバラつきがあり、受給できる時期も違うということを覚えておいたほうがいいですね。

 

本来、受け取れたはずの金額がもらえないのはとても残念です。そのようなことがないように、気をつけて自治体の情報をキャッチし、受給忘れがないようにしてほしいと思います。

[執筆:三木育美(保育情報アドバイザー), 2014年7月4日]