女性が長く働く時代になりました。しかし40代くらいまでは想像ができたとしてもその先、50代で働く自分を考えたことがあるでしょうか? 今回は女性のキャリアについて50代まで展望してみたいと思います!

 

■ 50代女性に仕事はない!?

最近、働く女性の支援をする関係者での勉強会で、50代になると女性は転職や再就職するのが非常に困難だという課題が出ておりその大変さに非常に驚かされました。公的機関で仕事の紹介をしている方々でさえ、あまりの就職の厳しさに頭を抱えていました。試しに50代女性の体験談をインターネットで検索し、ブログなど確認してみるとよいでしょう。 今の日本においては女性がいかに働きにくいかということがよくわかります。

 

■ 企業に勤務していても安泰ではない!?

では、企業に正社員として勤務していれば絶対に安泰でしょうか? 筆者は仕事で企業の中堅~シニア人材のキャリア支援も行っていますが、50歳前後の年齢になると今後のキャリアについて選択を迫る会社が増えていると感じています。役職についている場合はポストオフ(=役職定年)といって一定の年齢で役を下りる制度や、役職についていなくても後進に道を譲るため担当や部署を積極的に異動させたり…。リストラまではいかずとも、今までのポジションに安堵していられないケースも多いのです。

 

■ 50代で食いっぱぐれないコツは?

晩婚化、晩産化が進む現代、子育てが落ち着いてからと考えているともう50歳近くなる方も多いでしょう。今や企業に務めていても50代で楽しく働くのは至難の業。そこで、50歳になっても満足のいくキャリア人生を送るためのコツを挙げてみます。

  • 1.ブランク(=全く仕事をしていない期間)は3年以内におさえる
  • 2.万が一仕事がなくなった時のことを考え、フリーでも働ける準備をする
  • 3.見た目年齢をできるだけ若く保つ
  • 4.就職・転職しやすい資格や語学を身につける
  • 5.社内外に人脈を広げる

以上、必須条件になりそうな要素です。子育てや介護でブランクが空く場合でも、パートや在宅ワークなどテンポラリーでも仕事を細く長く続けることが重要です。企業勤務の方も油断せず、準備を進めることをオススメします!

[執筆:藤崎 葉子(キャリア アドバイザー), 2014年7月23日]