晩婚化や非婚化、普通に結婚することが難しい時代になった……などといわれる昨今。内閣府は、平成26年3月に『家族と地域における子育てに関する意識調査 報告書』(※1)を発表。この調査は、晩婚化や生涯未婚率が上昇している背景を探る目的で実施されているのですが、この中に興味深い設問がありました。

 

■ 若い世代で未婚・晩婚が増えている理由

その設問とは、「若い世代で未婚・晩婚が増えている理由」について。既婚者・独身者とも回答しているのですが、1位になった選択肢が男女で異なっています。

  • 男性の回答

1位:経済的に余裕がないから 52.0%
2位:独身の自由さや気楽さを失いたくないから 47.4%
3位:結婚の必要性を感じていないから 40.5%

  • 女性の回答

1位:独身の自由さや気楽さを失いたくないから 55.3%
2位:経済的に余裕がないから 43.8%
3位:結婚の必要性を感じていないから 40.3%

 

男性は「経済的なこと」が、女性は「自由さを失いたくない」が最も大きな理由になっているようです。ふと、ここで疑問が頭に浮かびませんか?

結婚したら、自分の自由な時間は失われてしまうのでしょうか?

 

■ 独身女性の予想VS既婚女性の実態

『とらばーゆ』が「U29女子徹底調査」と題して、未婚女性の“予想”と既婚女性の“実態”を調べた調査があります(※2)。この調査においても、20代後半の未婚女性のかなりの割合が、結婚したら自由に使える時間が減るのではと感じていることがわかります。

  • 20代未婚女性の“予想”

・結婚したら、趣味にかける時間が減る 76%
・結婚したら、習い事や勉強にかける時間が減る 68%

 

これらの予想に対し、30代既婚女性が“実態”として回答しているのがこちら。

  • 30代既婚女性の“実態”

・結婚したら、趣味にかける時間が減った 41%
・結婚したら、習い事や勉強にかける時間が減った 47%

30代既婚女性が「結婚したら、時間が減った」と回答しているのは、趣味も習い事・勉強も、それぞれ半数以下。独身時代に想像しているよりも、結婚後も自由な時間は持てそうではありませんか?

 

もちろん、この結果を見て「やはり既婚者の40%くらいの人は自由な時間が減っている」と考えるか「自由な時間はあまり減らなそうだ」と考えるかは、あなた次第。もしかしたら何事も、捉え方次第なのかもしれません。

[執筆:嘉納 夢子, 2014年8月28日]

 

【参考】
内閣府『家族と地域における子育てに関する意識調査 報告書』平成26年3月PDF
『とらばーゆ』「結婚後の「時間」「お金」「仕事」…未婚女性の“予想”と、既婚女性の“実態”を徹底比較」2014年08年26日