秋が近づくこの季節、きのこ類がスーパーマーケットの棚に増え始めますね。炒めても鍋物に入れても、美味しいきのこ。あなたは、きのこの栄養価をご存知でしょうか? 食物繊維が豊富? いえいえ、それだけではありません。今回は、きのこの栄養価値についてご紹介します。

 

■ 秋冬が旬の“きのこ”は?

きのこによっては、ほぼ一年中スーパーマーケットで見かけるものもありますが、やはり旬はあります。10月頃から収穫量がピークを迎える、秋冬のきのこはこちら。

  • えりんぎ
  • しいたけ
  • しめじ
  • まいたけ
  • マッシュルーム
  • まつたけ

まつたけは高価ですが…、それ以外は、普段の生活で購入しやすいものばかり。なじみのある顔ぶれではないでしょうか。

 

■ きのこの栄養成分

きのこに含まれる代表的な栄養成分をご紹介します。

  • 食物繊維

食物繊維は、コレステロールを下げる効果があり、動脈硬化や高血圧の予防になります。また、便秘予防、大腸がんの予防にも。中でも食物繊維が豊富なきのこは、まつたけ、えりんぎなど。

  • ビタミンD

ビタミンDの効果としては、筋肉増強、カルシウムの吸収サポートなど。肥満予防、ガン予防、骨粗しょう症予防の効果があります。ビタミンDを多く含むきのこは、まいたけやしめじ。ビタミンDは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂ると吸収率が高まります。家庭で気軽に作れる「きのこ炒め」は、理に語った調理法なのですね。

  • ミネラル

ミネラルは、骨や体をつくり、体の調子を整えるのに必須の栄養素。人の体内では作ることができません。きのこのミネラルは、とくにカリウムが豊富。カリウムは、高血圧や無気力症、心不全などの予防に役立つようです。

 

そのほか、こんな栄養素も!

  • 抗ウイルス性物質βグルカン

βグルカンは、免疫機能を回復させガン細胞の増殖を抑える働きをします。まいたけ、しいたけに含まれています。βグルカンには腸をきれいにする効果があるため、大腸がんの予防にも役立ちます。特にまいたけは、効力が群を抜いて強いそうです。

 

いかがでしょうか? きのこはカロリーの低さも魅力のひとつ。洋風にも和風にも、炒めたりスープにしたりと、料理のアレンジも楽しめるきのこ。いつもの食卓に、上手に取り入れてみませんか?

[執筆:嘉納 夢子, 2014年9月25日]

 

【参考】
株式会社タニタヘルスリンク『タニタの健康応援ネット からだカルテ』「秋到来!知られざるきのこパワー」
老舗きのこ問屋『きのこのじかん』「きのこの栄養素まとめ。きのこ類の成分一覧表を作りました!【五訂食品成分表より抜粋】」2013年12月6日