最近は春に運動会を行う小・中学校が増えていますが、幼稚園や保育園では秋に運動会が行われているのがほとんどです。運動会は、園庭で行うこともあれば近隣の小学校を借りて行うことも。小学校で運動会が行われるようなら、保活中の保護者の方はさりげなく見学することをおススメします。

 

■ 開催日ってどうやって調べたらいいの?

開催日を知りたい時は、直接、施設に連絡をして確認をするのが一番手っ取り早いです。とはいえ、「運動会はいつですか?」なんて、いきなり連絡をするのはなかなかハードルが高いですし、なんで運動会の日程が知りたいの? と不審に思われて、教えてもらえない可能性も。

そんな時は、散歩を上手に活用するのも手です。保育園によっては掲示板に張り出しているところもありますし、お散歩で公園に行った時に会ったら先生と話ができるチャンスです! お散歩先の公園で邪魔にならない程度にさりげなく、どこの保育園なのかを聞き、話の流れから運動会がいつなのかを聞けることがあります。

また、児童館の先生が意外と情報を持っていることも。近くに児童館がある場合は、行ってみるのも方法ですね。

 

■ なぜ運動会の見学がお勧めなの?

運動会などのイベントは「普段とは違う」「通常ではない」というところがポイントです。

見学をする時は時間を決められていて、もしかすると本当の保育園の姿ではなく、作られているのではないか? と疑ってしまうこともあります。ですが、いつもとは違っているため、普段の見学とは違う子どもたちの様子を見ることができるだけでなく、普段の見学時には見ることができない「保護者の様子」を見ることができます。

保護者の雰囲気はなかなか味わえるものではありませんので、貴重な場です。そんな貴重な場を見逃すのはもったいないですよね。また、通常の見学時に見ることのできない先生の姿を見ることもできます。

 

小中学校の運動会であれば、ちょっと見学ということができますが、保育園の場合は堂々と見学することは難しいことも。しかし、通りすがりに覗いてみるくらいならできると思います。チャンスを逃さないで見学し、保活に役立ててほしいです。

[執筆:三木育美(保育情報アドバイザー), 2014年10月17日]

 

【参考】
※ 児童福祉法では「保育所」の表記が本来の名称ですが、一般的ではないため、本記事では「保育園」と記載しています。