2014年は、「女性の活躍推進」という言葉が注目を浴びた年でした。働く女性にとっては、この勢いが来年も続くのか否かが気になるところ。そこで、過去到達年収400万円以上のハイキャリア女性向け転職サイトLiB(リブ)による、来年の求人予測調査(※1)を見てみました。

 

■ ニーズの高い職種は、やっぱり営業!

LiBが契約エージェントに行ったこの調査は、年収400万円以上の求人を出す際の採用キーワードを尋ねたもの。その結果、採用キーワードは「営業女子」がトップ(53%)に。次いで「管理職」「女性エンジニア」(いずれも29%)。ちなみに、女性に人気の高い「バックオフィス系」(平たくいえば事務職)は、6%でした。

エージェントは、「営業女子」が人気の理由を次のようにコメントしています。

  • 労働人口の縮小から、企業側の切迫感が増している
  • 働く女性が増え、女性の可処分所得が増える。その結果、女性向け市場が伸び、仕掛ける側も女性の雇用を増やす

営業職の女性にとっては、来年も転職チャンスが多いようです!

 

■ 女性向け市場とは?

ところで、女性向け市場とはどのような業種でしょうか。ワーキングマザーを顧客に考える場合、やはり育児を中心に考えるため、保育・教育などのサービス、家事にかかる時間短縮のための家電や掃除サービス、食卓の安全に関わる領域など。時間を効率的にやり繰りする彼女たちの応援には、インターネットで訴求力の高い情報提供・広告、通販や物流サービスの充実も欠かせません。既婚未婚を問わず、いつまでも美しくいたい女性なら、美容や健康(家電も!)、アパレルなどが追加されるでしょう。

前述の調査でも、女性の求職が過熱すると見込まれた業種は、「IT・インターネット」「流通・小売り・サービス」でした。あなたは、どの業種でキャリアアップを果たしたいですか?

 

■ 転職を成功させるために

転職を成功させるために、まずは現在の職場での業績を「棚卸し」を。特に、どのような方策を考え実践し、成果を出したのかを考えて。PR内容を十分に整理し、活動を始めましょう。

これらを思い出せない、特にないという場合には、たとえ営業職であってもいったん転職を考え直してみて。大抵の場合、自分で認めていいのかな? と思っているだけで、他者から見れば「それ、いいね!」という仕事をなさっています。キャリア相談で、あなたの「いいね!」を見つけますよ。あなたの2015年が飛躍の年になりますように。

[執筆:五十嵐 ゆき(キャリアコンサルタント), 2014年12月2日]

 

【参考】
※1. 株式会社LiB 調査リリース「転職のプロにアンケート調査:2015年ハイキャリア女性の転職大予測」2014年11月26日
※写真:(c)scottff72 / 123RF.COM 本文とは関係ありません