■ セックスレスのカップルが10年で急増

最近、セックスレスの話題がマスコミなどでもたびたび取り上げられるようになっています。日本性科学学会の元田園調布大学教授の荒木乳根子氏がアンケートをもとに発表したデータによれば、既婚男性40歳代で1年間に性交渉がないと答えた人は34%、10年前は7%でした。一方、既婚女性40歳代についても30%で、こちらも10年前の10%に比べ急増しています(※)。

セックスレスについては、夫が仕事で忙しすぎることや、妻が出産後、育児に追われるなどしてその気になれないなど様々な理由が挙がっています。

 

■ 母娘問題のクライアントの中にも悩みをもつ人が…

筆者のところには母娘関係で悩むクライアントが来られますが、セックスレスに関する相談もここ数年、増えています。なぜ、母娘問題とセックスレスなのか。ここで断っておきますが、母娘問題で悩んでいる人はセックスレスでも悩むというわけではありません。母親との関係に苦しみ、その一方でセックスレスに悩むクライアントの場合は、ある別の問題を抱えているのです。

セックスレスの場合、夫、妻、あるいは二人とも性交渉を避けるというケースがありますが、筆者のカウンセリングを受けるクライアントの多くは、夫から求められないことで悩んでいます。その悩みに共通しているのは妻として、女性として拒絶されていると感じていることです。また、夫の浮気を疑う不信感、自分に魅力がないと思い込む自信喪失などいろいろな思いから自身を追い込んでしまう傾向が見られます。

そこへ母娘の関係が重なります。幼い頃から母親の愛情を得られなかったクライアントは、自分が母親から拒絶されたと思っているため、夫からも拒否されて自分が悪いという自己嫌悪の増加と、自尊感情の低下をまねいてしまうのです。

このようなケースの場合、母親との関係とセックスレスの問題は切り離して考えるべきです。母親から拒絶されるような娘だから、夫からも見放されるのだとは決して思わないこと。夫は仕事や人間関係のストレスで悩みその気になれない事も考えられ、妻が悪いわけではないのです。

 

自分を責めるのではなく、夫婦二人で話せるような時間を作りましょう。また夫婦カウンセリングなども利用して、セックスレスの問題は二人で共有することが一番大事なのです。

[執筆:真香(母娘関係改善カウンセラー), 2014年12月7日]

 

【参考】
『yomi Dr.』「中高年夫婦 セックスレス急増」 2014年9月1日 読売新聞より
※ 写真:(c)tibetorial / 123RF.COM