アメリカのPANTONE(R)(パントン)(※1)から昨年12月初旬に発表された『Color of the Year 2015(今年の流行色)』「マルサラ」は 、今年の色として世界の産業・工業面に影響を与えています。

日本人には耳慣れない「マルサラ」(※2)とは、どのような色なのでしょうか。

 

■ マルサラの特長

色見本帳でカーラシステムを構築するPANTONE(R) 公式サイトによると、マルサラはPANTONE番号#18-1438、タイトル画像「マルサラの石造りの壁」をご覧ください、赤みのある茶色で欧米ではコーヒーやチョコレートにも例えられます。光による光沢で宝石のように深みが増します。また、彩度が低くなるほど赤土に近く、鉱物やアースカラーのイメージとしてゾートホテルのファブリックやインテリアにも活かされています。

 

■ マルサラ的な生き方

自然環境を大切に他の生物との共生が注目される昨今、そのライフスタイルにマルサラはぴったりです。この色が似合う女性は自然を愛し、自分流に纏うセンスの持ち主でしょう。マルサラの落ち着いた色は癒し、奥深さと成熟にも繋がるので、大人の女性がチャレンジする価値のある色です。

 

■ 2015年を彩る色と共に

流行色マルサラは、ファッションブランドのオーダーメイド1点物のオートクチュールでまず取り入れられ、次に高級既製服のプレタボルテ、そして既製服へ。同時にメディアにも溢れ、一般市場にも広まる段階で私達の目にも自然と触れるという流行の図式です。

流行(色)とは、私たちが目にする以前から仕掛けられ、多くの過程と消費者心理を経て創られるものなのです。マーケティングによる色彩心理によって消費者が旬と感じ購買意欲に結びつき、流行という壮大なプランを完成させます。

 

色彩によって視覚化されたイメージは目的を明らかに効果を導くツールになります。私達も新しい年の一歩として今年の夢や抱負を色に託し、表現してみませんか。流行色が創られる過程も参考に、日々の少しだけ先を読んで夢を叶えるためのステップを逆算し、1年のスタートから整えていきましょう! 今年1年、カラフルで豊かな時間が約束されますよ。

[執筆:桜井まどか(美エイジング(R)心理カウンセラー), 2015年1月18日]

 

【参考】
※1. PANTONE公式サイト
※2. PANTONE公式サイト「マルサラ」

※写真:マルサラの石造りの壁