子どもの病気など突発的なことに対処しながら、限られた時間のなかで仕事をしなければならないワーキングマザー。職場で周囲に頼りながら仕事をしていく人も多いでしょう。そこで相手に気持ちよく相談したり、依頼を引き受けてもらうための魔法のフレーズをご紹介!

 

■ 上司へ相談、依頼をしたときのフレーズ

  • 「~~は~~と理解していますが、これでモレはありませんか?」

「~~は~~と理解していますが」は自分の解釈を伝えることで、上司の解釈との確認ができます。また「モレがありませんか?」と聞くことで欠けていることを検証することもできます。

 

  • 「お知恵を貸していただけませんでしょうか」

相談に乗ってもらいたいというだけでなく、その上司に尊敬の念があることを一緒に伝えるフレーズ。直属の上司だけでなく、他部署の事情通の人などに力を貸してほしいときにも使えるフレーズです。

 

■ 同僚・後輩へ頼みたいときのフレーズ

  • 「5分だけ手伝ってくれない?」

作業量が多く、複数人でやったほうが効率がよい作業などは、かかる時間を提示して仕事を依頼すると相手も「それくらいの時間ならいいか」と思ってくれます。この「5分だけ」というフレーズは急を要する相談のときなどにも使えます。

 

  • 「この案件は○○さんに力を貸してほしいの」

「○○さん」と名指しすることで「あなただからこそ」という特別感が出ます。あなたを信頼している、頼りにしているという想いもセットで伝えられます。

 

  • 「ほかにお願いできる人がいなくて……」

あなた以外にお願いできる人がいない、と言われれば相手も断りづらいもの。必ず感謝の言葉とセットで伝えましょう。

 

いかがでしょうか?

依頼するタイミングは自分の都合でなく、タイミングを見計らって、「いま、よろしいでしょうか?」とワンクッションおいてお願いすることも大事です。依頼した仕事が無事終了した場合は、感謝の言葉を伝えることも忘れずに。余裕があるときや相手が困っていそうなときは、率先的に手を貸して信頼残高を積み重ねておきましょう。

[執筆:小倉 環(キャリアカウンセラー) , 2015年1月26日]

 

※写真:(c) dotshock / 123RF.COM、本文とは関係ありません