「自分を変えたい」という悩み。それは新しい環境や人間関係がスタートする春に生まれやすく、筆者のセラピールームにも同様のお悩みが寄せられています。22歳から34歳の働く女性に行われた『マイナビウーマン』の調査(※)によると、春からは「洋服、ヘアスタイルを変えてみる」というイメージチェンジにつながる行動も顕著です。

「イメージ」とは人間関係においての第一印象です。対人関係での最初の入り口である外見を変えると同時に、発せられるイメージの本質である心理面にも新しい彩りを加えてみると、内面・外面から効果が高まります。

女性にとって身近な色彩をツールにし、新たな魅力をプラスするコツをお伝えします。

 

■ なりたいイメージは?

「自分を変えたい」から一歩進めて、「なりたい自分像」を職業のイメージで表しました。変わってみたい自分像に近い職業を直感で、次の4つから1つ選んでください。

・アーティスト、クリエイティブな仕事 → 赤
前向き・人前に出る・女性性・発想力

・経営者 → 青
冷静・決断力・リーダーシップ・分析力

・リーダー、管理職 → 黄
希望・前向き・開拓精神・指導力

・研究者 → 緑
バランス・協調性・平和・癒しを与える

一行目は職業からイメージされる雰囲気と色、二行目はその色が持つキーワードです。カラーが発するメッセージをここから受け取り、服やメイク、小物などに使用して、今までとは違う自分を創る参考にしてください。

 

■ 色の発するメッセージ

目的に合った色を選択できたら、仕事で数値目標に向けて行動するのと同じように、日々その色のイメージを心がけ、行動につなげていきます。節目の時期は問題解決に動く良いチャンス。本気で問題と向かう時は「なんとなく」からの脱却で、行動が変われば感情にも変化がみられます。

見えていた環境は、自分の想いが発する色によって彩られていたもの。そこに新たな色(行動)を加えることで人間関係に動きを呼びましょう。色彩心理をツールに使ってイメージをはっきりとさせ、行動に変えていくことで新たな自分の魅力と可能性を見つけることができます。

 

春はイメージチェンジを心の中から始めてみましょう。今年の春が、楽しみの多いものとなりますように!

 

[執筆:桜井まどか(美エイジング(R)心理カウンセラー), 2015年3月19日]

 

【参考】
『マイナビウーマン』「恋の最盛期に乗り遅れるな! 春までにやっておきたい恋の準備4選」2015年3月15日
※写真:(c) akz / 123RF.COM、本文とは関係ありません