子育てをしながら働いていると、いくら働くことが好きでも心が折れそうになる瞬間があります。ワーキングマザーの多くは、産前のように思い通りにならない“自分の仕事ぶり”にイライラしてしまうこともあると思います。そこで、今日はとにかく根気よく続けることの重要性について考えてみたいと思います。

 

■ 「グリット」という能力

最近、人のヤル気やモチベーションを扱う記事や書籍で「グリット」という言葉を目にするようになりました。グリット(grit)とは、辞書を引くと「気概, 気骨, 不屈の精神, 勇気」などと訳されており、米ペンシルバニア大学心理学者のAngela Lee Duckworth(アンジェラ・リー・ダックワース)氏の発表(※1)から、その重要性に注目が集まっています。

ダックワース氏は、学生やビジネスパーソンなど様々な対象者についてその成功の要因を調査したところ、それは高学歴や知能の高さでもなく、外見の良さでも、身体的能力の差でもなく、時間をかけて粘り強く頑張り続けることだという結論に達しました。これこそが「グリット」だというのです。

 

■ ワーママには“根気”が必要!

筆者の女性向け研修では、価値観やその時の気持ちが表せるように写真に言葉が添えられたカードを使用しています。その中に、果てしない砂漠の写真に「根気」と書かれたものがあります。ワーキングマザー研修を行っていると、自分を表すカードとして必ずどなたかがこれを選びます。子育てしながら働く生活は、まさに根気。仕事でも子育てでもなかなかすぐには思ったような結果が見えない中、どれだけ頑張れるかが勝負ではないでしょうか。

 

■ 確実に磨かれる力

幸いなことに、筆者は仕事柄、ワーキングマザー5年、10年選手に出会うことがしばしばあります。彼女たちとお話をさせていただくと、皆さんからなんとも言えない自信と落ち着きのオーラが出ているのを感じます。夢中で頑張った数年間が彼女たちを確実に変え、自信を与えたのだと思います。

 

この春、筆者の娘も年長クラスとなり、保育園の保護者会でのママ達を見ていると、1歳クラスの頃に比べて本当に皆さん変わったと感じます。数年前は両立に悩み、保護者会で半べそをかいていたママも、今ではなんと堂々としていること!

子育てと仕事の両立では「成功」の定義は難しいですが、とにかく粘り強く続けることで人は必ず成長し、その人なりの成功をつかめるはず。復職して間もないママは、これから先がとても遠い道のりに感じると思いますが、「グリット」を合言葉に、頑張ってみてはいかがでしょうか!

[執筆:藤崎 葉子(キャリア アドバイザー), 2015年5月14日]

 

【参考】
※1. 『ログミー』「成功者が共通して持つ「グリット」という能力–才能でも、努力でもない第3の要素とは?」Angela Lee Duckworth(アンジェラ・リー・ダックワース)
※ 児童福祉法では「保育所」の表記が本来の名称ですが、一般的ではないため、本記事では「保育園」と記載しています。
※写真:(c) tomwang / 123RF.COM、本文とは関係ありません