転職を考えている時に、「未経験だけど、この仕事は自分にできるのだろうか」「お給料はどのぐらい?」と気になることがたくさんあって、前へ踏み出せないことも多いものですよね。
こんな時はまず、あなたの仕事についての価値観を書き出してみることをお勧めします。

 

■ 仕事の価値観の見つけ方

1.自分が仕事について大切に思っていることが何か、思いつくままどんどん書き出してみます。まず15個ぐらいは出しましょう。

このときに、長い文章表現ではなく、できるだけ短い抽象的な言葉にします。下記は単なる例です。ここに出ていない言葉でも、もちろん大丈夫です。

思いやり、やりがい、人の役に立つ、安定、自由、チャレンジ、リーダーシップ、努力、収入、成長、人間関係、好きなこと、チームワーク、楽しさ、安心、達成感、ものづくり、分析、家族との時間、充実感、社会参加…

 

2.自分が仕事をする時に「どうしてもはずせない、すごく必要だ」と思えるものから順に優先順位づけします。同点はなしで必ず順番をつけます。

 

3.6番目以下について「そんなに絶対大切?」ともう一度自分に聞き、そこまで大切でないと思ったものは除きます。大抵、5~8個ぐらいになることが多いようです。

 

4.最後に1位から並べてみて「この順番でOKか」確認、違和感があったら入れ替えます。

いかがでしたか? これがみなさんの仕事の価値観です。

 

■ ベスト3の価値観は、やりたい仕事に入っているか確認

辞めようか迷っている人は、まず今の仕事が自分の価値観に当てはまっているかどうか、次に、やりたい仕事がある場合にもこの価値観を当てはめるとどうなのかを、考えてみてください。特に1位~3位の価値観が入っている仕事かどうかで、辞めるべきか、転職すべきかが変わってくるでしょう。

例えば価値観が、1.やりがい、2.成長、3.収入 という順番になった人が、「正社員で安定していて仕事の環境はいいけれど、この先ずっと同じ内容で収入もそう変わらず、自分の成長にはつながらない」という仕事だったらどうでしょうか。長い期間には、不満を持ったり自分との葛藤に苦しんだりすることが多くなるのでは?

 

職種転換ではなく、仕事自体には満足で会社は変わりたいという結論の場合もあるかもしれませんよね。感情が渦巻いている状態で転職するかどうか決めるのではなく、ぜひ一歩違う位置に立ち、自分の大切な価値観から見つめ直してみてくださいね。

[ 執筆:渡部幸(コーチ/キャリアコンサルタント), 2015年6月22日 ]