あー、きょうも結局やろうと思ったことが全然できなかった。努力していないわけじゃないのに……。あなたは、こんなふうに思うことがありませんか? 今回は、1日が思ったように充実するお勧めの方法をご紹介します。

 

■ 朝に「1日の意図」を設定しよう

朝にお勧めの方法は、目覚めた後すぐに、「1日の意図」を設定することです。朝起きて深呼吸をした後に、「きょうはどんな1日にしたいか」を頭の中で考えて決めるのです。

例えば、
・今日は、楽しく活き活きと仕事が進むようにしよう
・できている自分をイメージしてスムーズに事を進める
・他の人に感謝し、一緒にやり遂げる自分を楽しむ

などのように、1つ、1日をどのように過ごしたいかを言葉にしてみてください。私達の脳は、私達が考えたり発したりする言葉に大きな影響を受けています。特に、脳の機能の90%以上は意識下ではなく、無意識下で行われると言われています。あなたがこんなふうに意識して決めなければ、違う方向に行動や思考が向かっていく可能性が大なのです。

逆に、「こうしたい」と意図すれば、その言葉はしっかりとみなさんの無意識に組み込まれていきます。毎日「楽しくしよう」と思い続けた人と、毎日「自分には、どうせ今日も何もいいことがない」と思い続けた(つまり自分でそう決めた)人とでは、その結果の気分や行動が大きく異なることは、様々な研究でも明らかになっています。

それほど自分の発する言葉の影響は大きいのです。

 

■ 寝る前に「感謝」しよう

次のお勧めの方法は、夜ベッドに入る前に、「感謝」してみることです。医学上も、感謝の気持ちを持つことで、ベータエンドルフィンという脳内物質が放出され、免疫機能が高まるという研究結果が出ています。そしてその効果は、6時間持続するということ。ですので、あなたは良い状態のまま眠りにつくことができ、身体の調子にも良い影響があるはずです。
ぜひ、あなたが感謝している人のリストを、たくさん書き出してみましょう。また、その日にあった小さなことでもよいので、感謝できることを探してメモしてみましょう。慣れてきたら、夜だけではなく、日中歩きながら頭の中で考えるのもよいと思います。

 

これら2つの方法は、筆者も日々実践し成果を実感しているものです。ちょっとした時間で、場所も取らず、すぐにできる充実のコツ。あなたも続けてみませんか?

[執筆:渡部 幸(コーチ/キャリアコンサルタント), 2015年9月8日]

 

※写真:Maryna Pleshkun / 123RF.COM、本文とは関係ありません