40代の女性から、よくこのような相談があります。「責任のある仕事をやりがいを持って続けてきましたが、もう疲れてしまったんです」。こんな気持ちになること、筆者にもよくわかります。今回は、このような女性が活き活きと仕事を続けていくためのキーポイントについて、何点かお伝えしたいと思います。

 

■ 40代は変化の年代

女性の40代は、健康面、ライフサイクル面でも変化が訪れる時期です。ホルモンのバランスの変化が大きくなり、更年期障害の症状が表れる人も出てきますし、若い頃と違って身体の疲れがたまっている人もいるでしょう。また、子供の手がかかる時期は過ぎても、受験があったり、独身の女性であっても両親の介護問題が出てきたりする時期です。そのため、様々なことで忙しく、責任ある仕事を任されている場合、余裕がますますなくなってしまうことも多いのです。

 

■ セルフコントロール方法(1)整理する

この年代の女性がもっと楽に仕事を続けるには、メンタル面のセルフコントロール方法を身に付けることが非常に役立ちます。

1つ目の方法は、自分の仕事について、頭の中で考えているだけではなく、いろんな側面から眺め、整理してみることです。思いつくままに答えを書いてみましょう。

  • 仕事でどんなことが楽しいですか?
  • どんなことがやりがいですか?
  • どんなことで他の人から感謝されたり、助かると言われますか?
  • どんなことが大変で、苦痛ですか?
  • もし、仕事を変えてもいい、と言われたらどんな仕事がしたいですか?
  • それは、お金が充分もらえる仕事ですか?
  • これから○年後を考えたらどんな仕事がしたいですか?
  • そのためには、どんな準備ならやってもいいと思いますか?

書いてみると、随分と整理されて、自分の進む道筋も見えやすくなってくるでしょう。さらに行動の計画を明確にしたい人は、専門のコーチングを定期的に受けるのも大変役立ちます。

 

■ セルフコントロール方法(2)身体を動かす

身体を定期的に動かすのもお勧めの方法です。人間は、身体を動かしていくことで楽しい気分になったり、スカッっとしたり、気持ちをリフレッシュすることができます。ずっと頭の中で思い悩んでいるよりも歩いたり走ったりしてみましょう。週2~3回続けることがメンタル面にもよい影響を与えます。

 

いかがでしたか? 悩んでいるのはあなただけではありません。自分の思いにとらわれずに、ぜひ今までと違う方法を試してみてはいかがでしょうか。

[執筆:渡部 幸(コーチ/キャリアコンサルタント), 2015年12月30日]

 

写真:naka / PIXTA、本文とは関係ありません