突然ですが、「白クマのことは考えないでください」。

そう言われて、白クマのことを考えなかった方はいますか? あなたは、白クマのことばかりを考えてしまったと思います。これは心理学の「白クマ効果」と言われるもので、「白クマのことを考えないでください。」と、言われることで逆に白クマのことが頭から離れなくなってしまう現象です。人間は禁止令を出されると、逆にどうしても気になってしまうものです。

「絶対に中をのぞかないでください」と言われて思わず障子を開けてしまった鶴の恩返し。「この箱だけは絶対に開けてはだめ」と言われて箱を開けてしまったパンドラ。物語をみても古今東西を問わず人の心理は同じ様ですね。

 

■ ダイエットと「白クマ効果」

さて、前置きが長くなりましたが本題に移りましょう。ダイエットをしようと固く決心をするのに、いつも挫折してしまう。「チョコレートやケーキはやめよう」「カロリーの高いものを食べるのはやめよう」そう思えば思うほど、ますます誘惑に駆られてしまう……。そんな経験はありませんか? これこそ正に白クマ効果です。知らず知らずのうちに自分で自分に禁止令を出していたのです。これではダイエットが挫折するのも当然です。

 

■ 成功するダイエットは肯定形

ダイエットで成功したいのなら、肯定形で考えることです。「チョコレートやケーキをやめよう」ではなく「チョコレートは1日1個までにしよう。」「チョコレートはダイエットが成功してから食べよう」など、禁止令から肯定形で目標を決めることが大切です。否定形で目標設定するとゴールのビジョンが描けませんが、肯定形はビジョンを明確化する効果もあるのです。

 

いかがですか? ダイエット成功のコツは意外と簡単なことです。私はダイエットをしても長続きしないから、どうせ成功しないから、と思っているあなた。今までは今までです。自分のメンタルを味方につければきっと大丈夫。あなたの一番の味方はいつだってあなた自身なのですから。

[執筆:久保木 惠子(コーチ), 2016年1月8日]