筆者は、ある女性ファイナンシャルプランナーの方と定期的にコラボセミナーを行っています。準備をしながら彼女と話していると、お金を貯める、増やすことを工夫して頑張っているのに、ある時にストレス解消とばかりに買い物をしてしまい、せっかく貯めたお金を散財してしまうことがある、というお悩みを持った女性が多いのかなと感じることがあります。

 

■ ストレス解消で買った服はムダになる?

普段、セミナーなどでストレスと上手につきあうために、ストレス対処、つまりストレス解消を上手に行いましょうと伝えている身としては、買い物でストレス発散できるならば良いとも言えます。しかし一方で、手に入れた時点ですでにストレス解消の役割を果たしている買い物は、結局は買ったものを大切にすることが少なく、結果的にムダになってしまうことが多いということを自らも体験する事で実感しています。

最近は手持ちの服を少なくすることでおしゃれを楽しむという流れもあり、人気スタイリストの地曳いく子さんの著書で、『服を買うなら、捨てなさい』という本を読んでみました。

 

■ あなたの気持ちを「上げる」プチ贅沢がお勧め

本の中でも、いつもより安い服に手を出してしまう時は、それが本当に欲しいものではなく、ストレス解消だったりすると指摘されています。地曳さんは、ムダ服の代わりに普段は買わないプチ贅沢なものとして、高級タイツやハンドクリーム、ボディーソープなど「高級消耗品」を勧めています。

カウンセラーとしても、プチ贅沢なものを上手に生活に取り入れることは大賛成。なぜなら、そういった買い物は、あなたの気持ちを上げてくれるからです。自分へのご褒美でも良いし、逆にあまりやる気が出ない時でも良いし、自分の日常生活でちょっと贅沢な気分を味わう。筆者の場合は、買い物というよりプチ豪華なランチが多いですが、楽しい時間や空間を演出することがストレス解消にもなるのです。

[執筆:高橋 雅美(心理カウンセラー), 2016年4月30日]

 

【参考】
地曳いく子(2015)『服を買うなら、捨てなさい』宝島社、pp108~109より