初夏の陽気になってきましたね。暖かくなると特に、すぐにさっぱりできるからと湯船につからずにシャワーでさっと済ませてしまう方もいらっしゃると思います。しかし、ストレス解消の観点からみるとあまりおススメできません。今回は、これからの季節の健康管理のためにぜひおススメしたい「半身浴」についてご紹介します。

 

■ 不眠に繋がる入浴習慣

質の良い睡眠のためには、自律神経がカギを握っています。通常日中に優位に働く交感神経と、リラックスしたときや休息時に優位に働く副交感神経のバランスがとれていることが必要です。このバランスをとるうえで、入浴習慣がとても大切なのです。

人間の身体のメカニズムとして、身体の中心部の「深部体温」をしっかり上げ、これが下がった時に眠気を感じるようになっています。体温差が大きいほど、下がりきった時の入眠作用も大きくなり、快眠につながるといわれています。

湯船につかることにより、深部体温をしっかり上げることができるので、湯冷めしていくころには心地よい眠りにつけるというわけです。シャワーだけでは、この深部体温をしっかりあげることができませんので、しっかり湯船に浸かった時と比べると入眠効果が低くなるのです。

 

■ ぬるめのお湯で、ゆっくり半身浴

昔から「カラスの行水」という言葉があるように、ゆっくり湯船に入らないという方、熱いお湯にさっと入るのが好きなんだという方もいらっしゃると思いますが、入眠効果を最大にするためには「ぬるめのお湯」で「ゆっくり半身浴」することがおススメなのです。

以下で、具体的にみていきましょう。

・「ぬるめのお湯」

ぬるめのお湯とは、だいたい38度~40度くらいの温度が目安です。あまり熱すぎると逆に自律神経が優位に働き、リラックス効果が薄れてしまいます。さらに、熱いお風呂に入ってすぐに出てしまうと体の内部が温まらず、湯冷めしやすいので注意しましょう。

・「ゆっくり半身浴」

湯船に浸かっている時間の目安としては、15分程度がよいでしょう。半身浴では、長い時間は言っていたものぼせる心配が少ないこと、心臓や肺などへの負担も少ないこと、さらに冷え性などの症状緩和にも効果的とされています。

 

いかがでしたか。好きな音楽を聞いたり、好きな入浴剤の香りでリラックス効果を高めながら、これまでより少しゆっくり湯船に入る習慣をつけることで、暑くなってからも健康に過ごせるようにしましょう。

[執筆:浅賀 桃子(メンタル心理・キャリアカウンセラー), 2016年5月4日]