一概にはいえませんが、女性は、どちらかというとおしゃべりです。会話を楽しむ傾向にありますよね。そして感情的になりがちです。筆者は、夫婦関係・離婚カウンセラーとして夫婦門問題のご相談を受けていますが、口喧嘩が発展すると、戦闘モードに突入してしまう夫婦が多いようです。

 

■ 話し合いが戦闘モードに突入すると……

売り言葉に買い言葉の応酬が続くと、収拾がつかなくなります。

「私たち、もうやっていけないね」
「離婚しかないかも」
「もう別れましょう」

と、心にもない言葉を発してしまったり……。頭がカッカしてますから、相手を懲らしめようと力が入るのかもしれませんね。問題はそのあとです。激しいケンカをしたあと、「夫への単なる脅しだったんです」と、相談を寄せてくる妻が少なくありません。

 

■ 最近の傾向、夫からの三行半!?

「夫が言い返せないくらい、追いつめてしまいました」
「夫を罵倒して、ブライドを傷つけてしまいました」

冷静になった時、自分がしてしまったこと、言ってしまったことに後悔の念が襲ってくるようです。夫婦の心が離れてしまうと、元のさやに戻るのは簡単ではありません。

これまで、「離婚」は妻からの申し出が多いと言われていましたが、最近は、男性から「離婚」を申し出ているケースが増えているかもしれない、と筆者は感じています。忍耐強く我慢してきたけれど、これ以上結婚生活を続けるのは難しいと判断し、「離婚」を決意します。覚悟の上の結論なので、簡単にはひるがえしません。

 

■ 「脅し」や「詰め寄り」はタブー

たとえ、口喧嘩になったとしても、「脅し」や「詰め寄り」はタブーです。話し方、伝え方のテクニックを身につけましょう。

自分の思いが、相手にきちんと伝わっていないことはけっこうあります。筆者が心理カウンセリングの講習で得た学びのひとつに、「伝え方」があるのですが、これは、自分の感情をきちんと把握したうえで、ポジティブな言い方に変換して伝える、というもの。

「ねたみ」「嫉妬」「嫉み」は、じつは、「寂しい」が悲しい」という思いにつながっているのではないでしょうか。「あなたばっかりいい思いしてズルイ!」「なんで私がこんな思いしなくちゃいけないの!」という言葉の裏には、「本当は、あなたと一緒に出掛けたい」「○○してくれたら嬉しい」という思いが潜んでいませんか?

感情に任せて安易に言葉にするのは危険です。相手は自分を映す鏡。「発した言葉は自分に返ってくる」と心得て、きちんと自分の思いを伝える習慣を身につけると、穏やかな話し合いが可能になりますよ。

[執筆:渡辺 里佳(夫婦関係・離婚カウンセラー), 2016年7月22日]