先日、テレビで「恋愛相談にAIが回答する」という内容のニュースが流れていました。メンタル面のサポートは、人間にしかできないと考えていた夫婦問題カウンセラーの筆者にとって、かなりショックな出来事でした。

 

■ 相談サイトにAIキャラクターが登場

実用化したのは、NTTレゾナント社が運営するポータルサイト「goo」。「教えて!goo」というQ&Aサービスの恋愛相談カテゴリー内で、AIキャラクターのかわいらしい天使「オシエル」が、相談者の質問に答えています。

仕組みは、過去3,000万件以上のQ&Aから、使われている単語の意味や対応関係、文の組み合わせを、ディープラーニング(深層学習)を用いてモデルを作成し、相談者にフィードバックするというもの。サービスの特長として『回答を「共感」、「結論」、「理由」の3つの要素で構成し、相談者の気持ちに寄り添った“人間らしい”回答を行います。』とNTTレゾナントの発表資料では紹介されています(※1)。

 

■ 過去の相談内容を学習し、さらに向上

時代はついにここまできたのですね。たくさんの相談と回答の積み上げによって、相談者が満足するアンサーが導き出されるのでしょう。さすがはコンピュータ。データ解析の賜物ですね。回答内容の精度については、「ベストアンサー」や他の回答者の内容を見て学習し、向上させていく予定だそうです。

データの積み上げは、膨らむ一方なので、今後ますます心に響くワードが用意されていくことでしょう。

回答の最後には、『愛とは、愛されることよりも、むしろ愛することに存する。 – Aristotle (アリストテレス)』など、著名人の名言も添えられているのも特長です。

 

■ 複雑な質問には時間がかかることも

メリットは、回答までの早さですが、複雑な質問に対する回答は時間がかかったり、回答困難となったりするケースもあるようです。AI相談は、これまでに寄せられた相談数がいちばん多い「恋愛相談」にのみ対応しているようですが、同じ男女間でも、「夫婦問題」に関しては、どうでしょうか。

1,000組の夫婦がいれば、1,000通りのケースがあります。夫婦の背景、環境、家族構成、価値観などがそれぞれ異なり、相手のあることなので複雑化していることが多いため、単純には回答できないと感じていますが、果たしてAI化できるのでしょうか。

 

AI化には抵抗感のある筆者ですが、たとえ人工知能による回答であったとしても、相談者にとって少しでも楽になったり、解放されるのであれば、それでいいのかもしれませんね。今後の動向を見守りたいです。

[執筆:渡辺 里佳(夫婦関係・離婚カウンセラー), 2017年1月26日]

 

【参考】
※1. NTTレゾナント株式会社 プレスリリース「『教えて!goo』恋愛相談カテゴリーへのAI導入開始のお知らせ~人間らしい自然な回答を生成する技術を世界に先駆けて実用化~」2016年9月6日
※写真:PIXTA、本文とは関係ありません