陽気もよくなり、お出かけにはいい季節になりました。そろそろ公園デビューも考えるママも多いと思います。「公園にいるママ達と上手にお付き合いできるかな」「仲良しグループが出来ていたら、入りづらい…」と、少し心配をしているママに、ママも子どもも楽しい公園デビューのポイントを3つ解説します。

 
1. お出かけは午前中に

公園デビューは午前中をお勧めします。

午前中の公園は、ヨチヨチ歩きの子どもが多く、1人で子どもを連れてきているママが多いです。同じ年位の子どもを持つママ同士、親近感がわき自然と挨拶をかわせるものです。

午後になると幼稚園ママ達がグループで来ることも。仲良し幼稚園ママ達に疎外感を感じることもあるかもしれません。さらに、幼稚園児と未就園児では体力も違いますので、衝突した場合大きなケガに繋がることもあります。幼稚園児も思いっきり体を動かしたいもの。幼稚園児、未就園児、お互いの為にも午前中の外出がお勧めです。

 
2. なるべく広い公園で遊びましょう

人間は狭い環境にいると、閉塞感を感じがちです。ですので、なるべく広い公園を選ぶことをお勧めします。広い開放的なスペースであれば、心も自然と開放的になります。

狭い公園だと、仲良しママ友の輪が広がっている中で遊ぶのは気が引けますが、広い公園であればさほど気にならなくなります。まずは広い公園から外出してみるといいでしょう。

 
3. 公園の選択肢は複数もつ

可能であれば、公園は複数の選択肢を持つことをお勧めします。電車が見える公園、ドックランがある公園、大きな滑り台がある公園、などその日の気分に合わせて公園に行くといいでしょう。毎日同じ場所で同じメンバーに会う、そんな決まりきった毎日よりも、ずっと新鮮で風通しがよく、お出かけも一団と楽しくなります。

「外遊びを始めて、子どもがぐっすり寝るから、私の時間も取れるようになった」
「子どもがよく食べてくれるようになった」
「子どもが風邪を引ひきにくくなった」
「外遊びは子どもも私も開放的で楽」

公園で出会うママ達から多く聞かれる意見です。外遊びはママにとっても子どもにとってもメリットがありそうです。あえて外遊びのデメリットをあげるとしたら、洗濯が大変なことでしょうか。季節もよくなり、絶好のお出かけ日和。公園の下見がてらお散歩に行ってみませんか?

[執筆:久保木 惠子(コーチ), 2017年3月19日]

 

※写真:PIXTA、本文とは関係ありません