先月、NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」(※1)が最終回を迎えました。母娘問題をテーマにした連続ドラマで反響も大きかったようです。ストーリーの中で母親が娘の職場に行きトラブルを引き起こすシーンがありましたが、母娘関係改善カウンセラーの筆者も、訪問とはいかないまでも、娘の勤務先に母親が電話を度々かけてきて大変迷惑するという話はよく伺います。

 

■ 1日に何度も電話してくる母親

都内で金融業の仕事に就いているA子さん(29歳・一人暮らし)もその一人。少ないスタッフが鳴り響く電話に対応しているなか、母親がかけてきて困り果てていると言います。

A子さんは実家近くに住んでいるのですが、「今度の週末は帰ってくるのか」といった些細な内容の電話を度々かけてくるのです。母親には何度も「絶対に電話しないで」と言うのですが、「スマホにかけてもあなたは絶対に出ないし、かけ直してもくれないから」と返ってくるばかり。

 

■ 職場に協力を要請、「異動した」と言って連絡先は教えない

まるでドラマの中の話のようですが、実際、同じようなケースを複数伺っています。仕事に支障をきたす上に、職場の人達にも迷惑をかけることから、クライアントさん本人のストレスも非常に高くなります。

このようなケースで母親に言っても聞かない場合は、思い切って職場の人に相談するといった方法もあります。かかってきて誰かが出たとしても、その人に断ってもらって電話を繋げないようにする。または、「異動しました」と言ってもらい電話番号は教えられないと断る。職場の人に母親のことをどう思われるかと躊躇してしまうかもしれませんが、逆に毎日、母親から電話がかかってくるのをビクビクしながら過ごすよりいいかもしれません。

一方で、何度も電話をかけてくる母親自身の心のバランスも心配です。いきなり話すのは無理としても、タイミングを見計らって母親にカウンセリングをすすめるのも検討してみてはいかがでしょうか。

[執筆:横山 真香(母娘関係改善カウンセラー), 2017年4月8日]

 

【参考】
※1. 「お母さん、娘をやめていいですか?」(NHK総合・ドラマ10 2017.1.13 – 2017.3.3放送)

※写真:PIXTA、本文とは関係ありません