夫婦問題・離婚カウンセラーとして数多くのご相談を受けている筆者ですが、会話の中で「私、間違ってますか?」「絶対、私のほうが正しいと思うんですけど…」という声を聞くことがあります。

 

■ 自分の考えは正しいのか、間違っているのか

主に女性に多い傾向にありますが、男性に比べて現実的な女性は、自分の考えが正しいのか間違っているのかを第三者目線で判断し、ジャッジしてもらいたいのかもしれません。ですが、果たして結婚生活に「正否」はあるのでしょうか。

決論からいうと、筆者の答えは「正否はなし」です。

結婚の形態は百人百様。ひとつとして同じ形はありません。DVやモラハラ、虐待など、よほど常識はずれな内容でない限り、それぞれの夫婦が、自分たちにとっていちばん居心地のいいやり方を模索することが大切だと感じています。

もし「正しい」という言い方があるとすれば、「夫婦が互いに納得し、心地いい関係を維持すること」といえるのではないでしょうか。

 

■ 意見をすり合わせ、折り合いをつける

結婚生活は、他人同士が一つ屋根の下に暮らす共同生活です。生まれも育った環境も、脳の造りも違う男女の考え方や価値観がぴったり同じわけはありません。加えて性格も異なるので、意見の相違は当たり前です。

シェアハウスにも基本ルールとマナーがあるように、結婚生活にもルールがあります。自分の意見を主張するばかりでは、ぶつかりあってしまいますよね。「こうでなくてはだめ」「これが正しい」と頑固に意見を通そうとすると、売り言葉に買い言葉でけんか口調になり、どんどんエスカレートしてしまいます。結婚生活にはさまざまな出来事がありますが、世間体や常識を意識しすぎないことと、ある程度の妥協も必要です。

 

■ 「正しい=幸せ」ではない

「正しい」=「幸せ」ではない。筆者が、相談者さんにお伝えする内容のひとつです。

正しさに固執しすぎると、本筋からずれてしまいます。「正しさ」を主張するのではなく、意見をすり合わせ、折り合いをつけるのがポイントです。まずは、相手の話に耳を傾け、いったん受け止めることをお勧めします。誰しも、認められるのはうれしいもの。自分のことを受け止めてもらえると、心が開いて、穏やかな話合いができますよ。

結婚生活に勝ち負けはありません。互いを認めあい、穏やかな話し合いで心地いい関係を築いてほしいと思います。

[執筆:渡辺 里佳(夫婦関係・離婚カウンセラー), 2017年4月13日]