幼稚園の入園を控え、登園グッズを準備したり、子どもの生活のリズムを整えたりと、この時期は何かと忙しいですよね。大切な子どもを預けるのは、とても勇気がいることです。あなたは何かと不安な気持ちを抱えていませんか? 子どもの幼稚園入園前に、ママが不安になるのは、当然のことかもしれません。今回は、そんなママ達に少しでも安心していただきたいと思います。

 

■幼稚園入園が不安でたまらない

うちの子は言葉が遅いからお友達ができるかな。トイレはまだ失敗続きだから大丈夫かな。ママと離れて幼稚園に行けるかな。自分で食事を食べられないのに大丈夫かな。内気な子だから自分の気持ちを先生やお友達に言えるかな。ママ友と上手に付き合えるかな。などなど、次々と不安が湧き出て、その不安にすっぽり飲み込まれて感情が不安定になる時もありますよね。例えていうのなら、大海原に一人で投げ込まれているような状態でしょうか。次々と押し寄せてくる高波に息ができない、そして足がつかない海の中、陸も見えない。これでは苦しくてたまりませんね。

 

■未来には不安もあれば希望もある

不安な気持ちを、少しでも安心に変換する方法をご紹介します。まずは紙とペンを用意してください。あなたが望む幼稚園生活を箇条書きでどんどん書き出していく。ただそれだけです。未来には不安もあれば希望もあるのです。しかしながら、不安の波にどっぷりのみ込まれていると希望の存在が見えなくなってしまいます。こうして箇条書きで書き出すことにより、希望にもちゃんと着目できるのです。

例えば:

  • 子どもが毎日お弁当を完食してくれてうれしい
  • 毎日のお弁当作りが楽しみ
  • 「ママ、今日も幼稚園楽しかった!」と元気よく帰宅する
  • ママ友とも楽しくお付き合いができる
  • 幼稚園の先生と信頼関係を築ける

ポイントは、ゼロベースでどんどん書き出すことです。未来をより具体的に思い描くことで、望む未来を引き寄せる力を得ます。そして、望む未来をどんどん書き出していくと、ドキドキワクワクしませんか? このように未来の感情を現在に引っ張ることで、あなたはその未来に向かって走りだすことができるのです。

 

いかがですか? 幼稚園入園は子どもだけでなく、親にとっても大きな分岐点です。不安や心配の感情に苛まれる時もあります。再びそんな感情にすっぽりと包みこまれた時は、自身の書いた望む未来の箇条書きを読み返すといいでしょう。そうすることで不安を安心に変換することができます。入園前のこの一時を、お子さんと一緒に大切に楽しくお過ごしください。

[執筆:久保木 惠子(産後ママのサポートコーチ) ]

 

【参考】

※この記事の執筆者:久保木恵子(産後ママのためのサポートコーチ)について。女性専用のカウンセリング『ボイスマルシェ』の登録カウンセラー。電話カウンセリングなので全国どこからでも利用できる、匿名で話せる、当日予約できるというボイスマルシェの特長を活かし、全国の女性たちの相談にのっている。一児の母。(久保木恵子の詳細

※写真:Graphs / PIXTA、本文とは関係あり