毎日の育児お疲れ様です。この4月からお子様が幼稚園や保育園に入園を控えている保護者の方々は、通常以上に慌ただしい日々をお過ごしと思います。入園の準備や自身の復職の手続き、復職前にこなしておきたいことなど、やることは多いけれど、何も手を付けていない。一体どこから手をつけたらいいの? 今からやって間に合うの? と不安になったりパニックになったりしませんか?

今回はそんなお悩みを解決していきます。まずは、糊付きの付箋(ポストイットなど)と筆記用具、画用紙を用意してください。画用紙の真ん中に線を引き、左上に「業務」と記載し、右上には「業務終了」と記載します。

 

■ステップ1. 全体像を把握する

1つのタスクにつき1つの付箋を使い、タスクをどんどん書き出して行きます。付箋は、画用紙の左側「業務」に貼りつけて行きましょう。

 

■ステップ2. 業務の優先順位をつける

締切が近いものから、もしくは容易に着手できるものの優先順位を高くしましょう。

 

■ステップ3. 役割分担をする

夫婦間での役割分担を決めましょう。

 

■ステップ4. 業務に着手

業務が終了したら、右側「業務終了」に付箋を移動。業務終了に向けて頑張って!

 

業務量が多すぎてどこから手を付けていいかわからない、と混乱をしている時は全体像がぼんやりしていることが多いのです。タスクを付箋に書き出して全体像を把握しましょう。全体が見えると不思議と気持ちが楽になります。それは、書き出すことで現実を客観視できるからなのです。客観視をするとストレスがぐっと低くなり、代わりに整理能力がぐっと高まってきます。付箋を貼った画用紙は、冷蔵庫やリビングに貼っておくといいでしょう。入園準備はママが中心になって行う家庭が多いと思いますが、タスクを「見える化」することで、パパとの連携もスムーズになります。

入園前の忙しい時期を、夫婦で連携して乗り切ってくださいね。

[執筆:久保木 惠子(産後ママのサポートコーチ) ]

 

【参考】
※この記事の執筆者:久保木恵子(産後ママのためのサポートコーチ)について。女性専用のカウンセリング『ボイスマルシェ』の登録カウンセラー。電話カウンセリングなので全国どこからでも利用できる、匿名で話せる、当日予約できるというボイスマルシェの特長を活かし、全国の女性たちの相談にのっている。一児の母。(久保木恵子の詳細

※写真:PIXTA、本文とは直接関係ありません