人生の転機というのは、あとから振り返ってみてはじめて冷静にとらえることができるもの。その当時は時間やタスクに追われていたり、気持ちに余裕がなかったりして、本当はもっと別の手段があった視界にすら入らなかった…。そんな経験、ありませんか?

特に20代の働く女性で大きなテーマとなるのが仕事と恋愛。経験値がぐんぐん高まる一方、悩みも増えていく年頃です。この時期にどんな選択をするかによって、この先のライフプランが大きく変わっていく。そんな大事な年頃であるとも言えます。

 

■20代の働く女子は「恋愛」より「仕事」の転機が多い!?

先日、トレンダーズ株式会社が30〜49歳の女性に調査したアンケート結果によると、65%の女性が「20代の頃に、仕事において転機だったと思うことがあった」と回答。一方で恋愛で同様の質問をしたところ、「ある」と答えたのは59%になっています。

また、仕事において転機を迎えた年齢を聞いたところ、平均年齢は25.8歳という結果に。

20代を振り返ると仕事の転機があったと感じる女性が全体の約7割、平均すると26歳ごろにターニングポイントを迎えています。入社後の年数や結婚を視野に入れ始める女性が増えてくることなどを考えると、異動や転職が発生しやすいタイミングなのでしょう。

 

■恋愛の後悔より、仕事の後悔はしたくない!

さらに、「好きな仕事・やりたい仕事ができないこと」と「好きな人に振り向いてもらえないこと」のどちらが嫌かという質問に対しては、「好きな仕事・やりたい仕事ができないこと」が51%、「好きな人に振り向いてもらえないこと」が30%。恋愛の後悔よりも仕事に対する後悔はしたくない、自分が理想としているキャリアを歩みたいと考えている人の方が多いことが分かりました。

 

■転機を上手に活かし、後悔しないキャリアを歩むには?

目先のプラン・利益だけではなく、少し長い目で見た判断が必要になります。例え収入がアップする案件であっても、プライベートとのバランスがうまく取れなくなって苦しくなっては意味がありません。逆に、好きな仕事だからと現状維持だけを考えていては、効率化が進んでいる企業において働くポストがなくなってくる可能性もあります。

長期的なプランを視野に入れながら今のキャリアを考えるために、自分自身を見つめる時間を定期的に取りましょう。キャリア関連の書籍を読んだりセミナーに参加してみる、キャリアカウンセラー・コーチなど専門家に相談してみるのも良いと思います。

選択肢の多い女性の人生。「なんとなく最近、気持ちがモヤモヤする」と感じたら、それは転機が近づいているというサインかもしれません!

 

「20代女性の転機」に関するアンケート