いつもより早い桜の開花で、気分ははや春の新生活。お花見が待ち遠しいですね!
人事異動などで職場の雰囲気が変わる3月4月は出費の多い時期でもあります。そこで、新生活にありがちなダラダラ出費を抑えるヒントをまとめてみました。
新人さんも、10年前の新人さんもぜひ! メリハリのきいた支出管理でこの時期を無事に乗り越えましょう!

■ 歓送迎会続きで財布がピンチになる前に
飲み会出費も2次会3次会まで含めるとかなりの出費に…。
そこで二つのことを心がけてみましょう!

○同期のあつまりなどには積極的に家飲みの場を提供する
気の置けないメンバーであれば、あえてお店で飲まずに家で飲むという方法があります。そこであなたの住まいを積極的に提供してあげましょう。時間を気にせず飲めますし、場所を提供することであなたへの費用負担は軽くしてくれるでしょうし、おつまみやアルコールを持ち寄りにして安上がりに楽しめるので、みんなにもきっと喜ばれますよ。

○1次会で帰るうまい言い訳を用意しておく
たまには2次会もいいですが毎回ではたまりません。そこで、嫌味にならない上手な断り話法を用意しておきましょう。帰宅場所が遠ければそれを理由に帰るとか、近い場合でも、同じ方面の同僚・後輩を送ることを理由にすれば、深く追求されないでしょう。あるいは、あえて1次会幹事を引き受けて、精算を理由に仲間と別れて別行動をとるという方法もあります。

■ 自己投資を安くあげるコツ
新社会人に限らず、仕事を続けていく上で自己投資はもはや欠かせません。
ですが、無制限にお金をかけてもやりきる時間もなく、望む成果がでるとは限りません。自己投資を決心する前に、一工夫してみませんか?

たとえば、業務関連の本を通販などでまとめ買いする前に、まずその仕事をよく知る先輩に「お薦めの本」を聞くのです。後輩に頼りにされて気分を悪くする人はいません。いろいろ教えてくれるはず。手持ちの本を貸してくれるかもしれません。そうなればしめたもの。本の感想&ささやかなお礼と一緒に本を返却することで、本代を浮かすのみならず、仕事上の頼れるツテも同時に手に入るというわけです。

海外とのやり取りがある部署への異動をきっかけに、語学を学ぼうとお考えの方がいるかもしれません。でも英会話スクールに通う以外にも様々な方法があります。
無料のpodcast番組など動画配信を視聴して自宅で好きなときに学ぶこともできますし、外国語関連の学部卒業者に頼んで、学びたい語を母国語とする知人を紹介してもらう。その人を食事などに誘って生きた言葉を習うなども手でしょう。

同じ「交流する」「学ぶ」にしてもメリハリをつけてお金を使うことで、満足度を下げずに支出を抑えることはできます。知恵と工夫で4月を乗り切り、楽しい5月を迎えましょう!

 

【この筆者の他の記事】

※「愛するふたりだからこそ! 結婚前にしておくべきアノ話

※「共働き家計の危機と対策! 得意を活かした家計のコツ