もうすぐ夏休みですね。
帰省やご旅行など、遠出をする方が多いこの時期。ファイナンシャルプランナーである筆者の節約術として、格安で旅行をするヒントをまとめてみました。まだこれからという方はぜひご参考になさってください。

 

■ LCC(格安航空会社)を賢く使う

LCC=ローコストキャリアとはその名の通り、機内サービスや人件費などを削減して低運賃を実現させた格安航空会社のこと。もうご利用された方もいらっしゃるかもしれませんね。WEBから予約できるのですが、日替わりで価格はくるくると変動します。平日出発が可能であれば、格安でチケットが手に入る可能性がありますので、旅行予定の方は早めにチェックしましょう!

筆者の例ですが、昨秋沖縄に行った際、行きも帰りもLCCを使ったのですが、幸いにも大きな運行遅れも欠航もなく、無事に飛んでくれました。格安ということで、安全性や運行の正確さに不安を覚える方がいらっしゃるかもしれませんが、値段と移動手段としての快適性については十分のクオリティでした。出張での利用など、到着後の予定を変更できない場合はおススメできませんが、帰省など、ある程度融通の利く旅程の時に一度利用してみてはいかがでしょう?

 

■ 格安な宿の見つけ方

旅の移動手段が決まったら、宿泊する宿の予約ですよね。

せっかく格安で目的地まで辿り着いたというのに、ホテル代が高くては残念過ぎます。そんな時に役に立つのがWEBの旅行サイト…、では面白みがありませんので、意外な方法を2つご紹介します。

 

一つ目は、アウトドア派のご家族にオススメ、とある国立施設。

「少年自然の家」という名称を聞かれたことがあると思います。小学生の移動教室(林間学校)や、ボーイスカウトが利用する施設と言えばイメージできますでしょうか。学校行事で使われることが多いので、個人利用はできないと思いがちですが、実は個人でも利用可能です。我が家も以前ファミリーキャンプに参加し、ダッチオーブン料理を堪能しました。ダッチオーブンは初挑戦でしたが、丸鶏のオーブン焼きや鯛めし、サツマイモのマフィンなど、お金をかけずに手間をかけることで、普段は味わえない美味しさに出会えました。

宿泊したログハウスはエアコンやトイレが完備され、快適でした。消灯時間や部屋の清掃などはありますが、子ども達の自立性を養う良い機会と思えば、これもまた良き旅行の思い出となるのではないでしょうか。

 

二つ目は、泊りがけの出張などビジネス利用が多い方向けですが、フレックステイ・ホテルマネジメント(旧ウィークリーマンション東京)の一泊利用プラン「フレックステイ」。宿泊料金が3千円台の施設もあり、料金自体とても魅力的なのですが、インターネット回線や電子レンジ、ミニキッチン等の付帯設備が非常に便利! これらを活用して、部屋でさっと調理して夕飯を済ませ、その後で仕事をすることができます。

 

旅行に限らず、ある程度大きな金額をかける前に「もう少し安くする方法はないか?」と一手間かけて探す癖をつけると、その後の家計支出が大きく変わります。ボーナスの使い途をこれから考えるという方は、ぜひそうした観点で出費の内訳をチェックしてみてください。

[執筆:海老原 政子(ファイナンシャルプランナー) ]