夢診断アドバイザーをしている筆者のところには、乗り物に乗り遅れる夢を見たというご相談が時々寄せられます。乗り物は列車や電車だったり、飛行機だったり。間に合わない…! という焦る気持ちとともに目覚めると、夢が自分に何か重大なメッセージを伝えようとしているのではと気になるのもわかります。

 

■ 列車・電車に乗り遅れる夢

列車や電車とは、決まった時刻に出発し、決まった道(レール)を走っていく乗り物です。つまり、列車や電車が夢で象徴するものは、会社組織などにおけるあなたの仕事の進み方や進路です。

これから乗ろうとしている列車や電車は、新しいチャンスを意味しています。その列車や電車に乗り込み進んでいく、つまり機会をとらえて一定期間頑張っていけば、自分の夢につながると思っています。あなたは今、そのチャンスが来ているけれど、自分がそれに乗れるか自信がないのかもしれません。例えば、大きな昇進につながるプロジェクの募集があるけれど自分にはまだ早いと考え、成長スピードが間に合わないと思っているのかも。

 

■ 飛行機に乗り遅れる夢

飛行機は、特定の目的地に向かって大空を進む乗り物で、基本的には決まった時刻に出発します。飛行機の夢は、空に高く飛び立つことから、自分の大きな夢やアイディアの実行を意味しています。

飛行機に乗り遅れる夢を見たら、願望やアイディアが実行できないのではないかと、あなたが不安を感じている可能性があります。色々と計画を練ってきたけれど、予定通りに進んでいない、だから目的地にたどり着けないのではないかと。現実世界で飛行機に乗ろうとするとき、空港では数々の手続きや審査があります。そのような煩雑なものに時間をとられて、肝心の飛行機までたどり着けない焦り――。まさに夢のメッセージも同じで、日々の忙しさに追われて大きな夢のために時間を割けず、あなたが焦っている状態を示唆しています。

 

列車、電車、飛行機に乗り遅れる夢を見たあなたは、向上心のある方だと思います。もっとより良い仕事や成果をと考え、努力を続けている方なのでは? 夢の中で乗り遅れてしまうのは、周囲から要求されるタイミングに間に合っていないと感じるから。でも、ずっと努力を続けてきたのなら、ここぞというタイミングで自信を持ち、チャンスをつかむのも大事です。あなたの願望が実現することを願っています。

[執筆:嘉納 夢子(夢診断アドバイザー), 2014年12月13日]