マズローの5段階欲求説によれば、人は5段階の欲求を持っており、低段階の欲求が満たされないと次の段階に進まない、とされています。お金という側面から、あなたのお金の使い方は主にどの段階にいるのか、見てみましょう。

 

■ 第1段階:生理的欲求

生きていくための、食べたい、寝たいなどの本能的な欲求です。お腹が空いたから食べに行くとか、生活必需品を買うためにお金を使っている場合は、この段階に当てはまります。

 

■ 第2段階:安全的欲求

安全な環境で暮らしたい、健康に暮らしたいという段階です。お給料に少し余裕が出てきたから、もう少し広いところに引っ越したいとか、ちょっと体にいい有機野菜を買ってみようとか、あるいは保険に入ってみたり、貯金を殖やそうと思うのは、この段階です。

 

■ 第3段階:親和の欲求

集団に属したい。仲間が欲しいという欲求です。飲み会に行くとか、習い事をするとか、人に逢いたいからという目的の方が強ければ、この段階でしょう。みんなが買っているからといってそんなに欲しくないものをついつい買ってしまうのもこの段階です。

 

■ 第4段階:自我の欲求

周りの人から認められたい、尊敬されたいという欲求です。高価なものを身に付けたり、ひとにおごったりするのは「すごい」と言われたいからではありませんか? その欲求はこの段階になります。散在してしまう危険性があります。

 

■ 第5段階:自己実現

上記の欲求が満たされると、人は逆にお金など気にせず、本当にやりたいことに没頭したくなります。それは、自分自身の表現であったり、人のために動くことかもしれません。大好きな絵を描いたり、ボランティア活動を始めたり、というのがこの段階です。

 

ご自身のお金の使い方を振り分けてみて、いかがでしたか?

人は、自分らしい生き方をするため、自分の使命を果たすために生まれてきています。ぜひ、第5段階の使い方が多くなるように、お金の使い方、稼ぎ方、考えてみてください。どうしたらいいのかわからないというときは、ぜひファイナンシャルプランナーなどの専門家にご相談ください。

[ 執筆:阿部 理恵(ファイナンシャルプランナー&カウンセラー), 2015年5月8日 ]