「今度の職場、周りは女性ばかりでなんだかやりにくいんです。」これはキャリアカウンセリングでよくお受けする相談のひとつ。今回は、女性が多い職場で働きやすくする対処法をいくつかご紹介しましょう。

 

■ なぜそう思うか分解してみよう

どうして女性が多い職場は働きにくいと思うのでしょうか? まず具体的に分解してみましょう。
・いくつかの派閥がある
・プライベートなことをお昼休みに話さなくてはいけない雰囲気がある
・仕事の改善や努力に後ろ向きの発言が多い
・他の人の悪口などの噂話がすぐ広がる

例えば、上記のように様々なことが出てくるかもしれません。あなたはどの部分がやりにくいと思いますか?

 

■ 対処法その1. 客観的に外側から見る

対処法のひとつは、“女性が多い職場は、男性が多い職場よりも人間関係が複雑になることが多いものだ”と、最初から割り切った考え方をする方法があります。

女性は一般的に男性よりも話し好きですし、自分が思うことや感じていることをすぐ口にする人も多いもの。あなたがその中に巻き込まれたくないのであれば、自分の不満や他の人ついて思っていることを職場の人には話さないように自分をコントロールすることが効果的です。少し自分が遠くから客観的にその状況を眺めているようなイメージを持って「このほうが楽だよね」と思うと、その渦の中にいるよりは楽になるのではないでしょうか。

 

■ 対処法その2. 相手の視点に立ってみる

2つ目は、自分の視点からだけ見るのではなく、反対側の相手の視点に立って物事を見てみる方法です。

この方法を試す時は、「誰か特定の1人の関係を改善したい人」の視点になってみてくださいね。2つの椅子を用意し、1つに座り、相手が目の前にいるつもりで言いたいことを伝えてみます。次に反対側の椅子に移り、相手になりきったつもりで言いたいことを伝えましょう。そして、両者を離れた所から見る第三者の場所に立って2人の関係を見てみてください。本人に言えない言いたいことを相手に伝えることでスッキリするかもしれませんし、相手が思っていることも理解できる変化があるかもしれません。自分の心の変化が感じられると思います。

 

■ 方法はいくつもある

他にも、辞めることでその場を避ける、という方法もありますし、カウンセラーなどの専門家に相談する、という方法もあります。大切なことは、自分自身がどっぷりその状況に漬かりきって「他に方法はない」と思い込まないことなのです。

[執筆:渡部 幸(コーチ/キャリアコンサルタント), 2016年4月12日]

 

※写真:PIXTA、本文とは関係ありません