現状に困っていたり、将来に不安を感じていたりして受けることもあるキャリア相談。一時期は、「派遣社員は割が合わない」「不安定な働き方だからもう嫌、正社員でなきゃ」との声が多かったのですが、最近は、「派遣社員ってどうですか?」と尋ねる方が増えた印象。様々な情報があり過ぎて、逆に悩むようです。そこで、働いている人々の“現状の満足度”調査をご紹介します。働き方を考えるヒントになるのでは?

 

■ 派遣社員のほうが幸せ?

アデコ株式会社が、働く20~50代女性400人を対象に調査した結果(※1)、総合的な満足度は派遣社員65.0%、正社員61.6%でした。具体的な項目は、以下のとおり。

  1. プライベートに「満足」と答えた派遣社員65.5%、正社員63.5%
  2. 仕事に「満足」と答えた派遣社員47.5%、正社員44.5%
  3. お金に「満足」と答えた派遣社員27.5%、正社員36.0%

 

お金に対する満足度は、両者でだいぶ開きがあることは気になります。とはいえ総合的に、現在の自分を幸せだと感じる派遣社員が多いということは、派遣社員という働き方そのものが悪いわけではないと言えませんか? では、どのようなことを考えれば、あなたに合う働き方になって満足度が高まるのでしょうか?

 

■ 現在の自分にOKといえますか?

―語学が得意なAさんの職歴は貿易事務。業務上、外国語によるコレポン(文書作成)は当たり前で、いずれは翻訳を専門にしたいけれど、翻訳業務中心の正社員は少ないみたい。

―正社員で多忙な事務職Bさん。多少の残業は仕方ないけれど、平日にプライベートの時間を確保できる働き方はあるの?

現在の自分にOKと言えないとき、他の道を模索するのは当然のこと。そんなとき、“現在、何を大事にしたいのか?”を明確にすることをお勧めします。前述の2人のように、仕事の経験を積むのか、勤務時間を優先するのかは、人それぞれ。ですが、優先したいことを決めると自分に合う働き方を絞り込むやすくなります。

現在を大切にし、あなたが自分にOK! と言えますように。そして、選んだ働き方に満足できますように!

[執筆:五十嵐 ゆき(キャリアコンサルタント) ]

 

アデコ株式会社 「働く女性の「幸せ度」調査」2013年2月27日