この春、育休から仕事復帰した働くママにとって初めての夏ですね。子どもの病気は冬が一番怖いと思って、この夏油断していませんか!? 意外にも、子どもの病気は真夏にもよく流行るのです! 筆者も娘とともに経験した夏を振り返りながら、どんな病気に注意が必要かご紹介します。

 

■ 代表的なウィルス性の病気

まず、代表的なウィルス性の病気と言えば、手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱などがあります。いわゆる夏風邪と呼ばれるものですが、いくつも種類があります。筆者の娘も、手足口病には2回ほどかかった記憶があります。手足口病は熱が出るだけでなく、水泡や口内炎ができるため、水分や食事も思うようにとれず本当にかわいそうでした。特効薬が無く完治するまで数日かかるのも働くママにとっては痛いところです。

 

■ 皮膚の病気もあなどれない!

夏と言えば、虫さされ。小さい子どもはお肌もデリケートで、かゆみを我慢することができず、ばんそうこうなどを貼っても思い切り掻いてしまうため、思いがけず悪化するケースも。掻いたところにバイ菌が入ると“とびひ”になり、保育園でのプールや水遊びもできず残念な夏になってしまいます。娘も“とびひ”で皮膚科によく通いました。また、プールで感染するケースが多い“水いぼ”も夏の大敵ですね。

 

■ 夏も流行る胃腸炎

胃腸炎と言えば、真冬の風邪の風物詩でもありますが、ついつい冷たいものをとってしまう夏は、胃腸が弱って抵抗力が落ちているところに感染することも多いのです。夏風邪に伴って、胃腸の調子も狂ってしまい下痢を起こしやすくもなります。また、子どもは寝るときにふとんを蹴ってしまうので、お腹を冷やさないよう我が家では、夏でも腹巻きをして寝ていました。

 

いかがでしょうか? 小さい子どもは、ただでさえ、体温調節が自分ではまだうまくできませんし、プールなどで疲れてしまう機会も多いので、夏のケアもしっかりして楽しく過ごせるといいですね!

[執筆:藤崎 葉子(キャリア アドバイザー), 2014年8月10日]