「地震、雷、火事、○○○」なんて、いきなり年齢がバレるネタから書き出してしまいましたが、筆者が住む千葉県でも、先日落雷による大規模な停電があったばかり…。そこで今回は、火災保険の補償対象である「水災」や「風災」補償についてまとめてみました。

火災保険というと、火事への備えといった印象が強いのですが、総合火災保険のようなセット商品では「置き引き盗難」から「地震お見舞い金」まで、対応する補償内容は各社実に幅広く、そのため“保険の請求漏れ”が多くなりがちでもあります。

生命保険の保険証券とは違い、火災保険の内容は、一読しただけではどんな補償に加入されているのか分かりにくく、パンフレットと一緒に読んではじめて補償内容が分かるケースもあります。

ご自宅の火災保険は、どんな補償内容かご存じですか?

 

■ 「風災・雹(ひょう)災・雪災補償」は竜巻被害にも対応

この補償がセットされている場合は、戸建て、マンションを問わず、台風の強雨による雨どいの破損や、局所的な雹(ひょう)による自宅カーポートや窓ガラスの破損という場合以外にも、竜巻による屋根・雨どいやシャッター破損なども補償対象となります。ただし、場合によっては自己負担金があることもあります。詳細はぜひ、加入している保険会社にお問い合わせ下さい。

 

■ 「水災補償」は暴風雨による土砂崩れも補償対象に

水災補償いうと、川や海辺の洪水や高潮被害への補償といったイメージを持たれる方が多いのですが、台風・暴風雨に起因する土砂崩れなども補償対象となります。床上浸水された場合を例に出すまでもなく、被害に遭うと後片付けも大変で、被害額が大きくなる傾向にあります。そのため、水災補償をセットするとその分の保険料も上がりますが、高台マンションにお住まいの方であっても、「崖地に隣接する立地である」「住居が1階である」という場合は、いざというときの備えとして加入を検討されてもいいかもしれません。

 

生命保険の見直しはされていらっしゃるご家庭でも、火災保険は住宅購入時に銀行提携の火災保険に入ったままという方が多いのではないでしょうか。ぜひこの機会に、お住まいの市町村で公開されている「ハザードマップ」を確認なさって、その上で火災保険が適切かどうか、点検してみてはいかがでしょう。

[執筆:海老原 政子(ファイナンシャルプランナー) ]

 

【参考】
「火災保険 補償えらびのコツ」 セゾン自動車火災保険