妊婦さんとの会話の中で、「妊娠線ができてしまい、慌ててケアをしている」という話がありました。この「妊娠線」、急に太ってしまった人もできてしまうため、妊婦さんだけにできてしまうものではありません。ではなぜ妊娠線と呼ばれているのでしょうか?

 

■ 妊娠線とは?

一般的に妊娠して起こりやすいため妊娠線と呼ばれていますが、妊娠していなくても急激に太ってしまうと組織は大きくなることについていけずに出来てしまいます。ですので、「ストレッチマーク」「肉割れ線」とも呼ばれています。

妊娠線は、急にお腹の大きくなった妊婦さんのお腹・おしり・太ももなどの皮膚の真皮や皮下組織にできる亀裂のことで、妊娠してお腹が大きくなったり、急激に太ってしまったりすると、皮膚の下の組織に亀裂が生じることによっておこります。表皮は意外と伸びについていけるのですが、その下の新皮や下の組織がついていかないためにできるものだったのです。

 

■ どんな線なの?

出来たばかりの時は赤紫のひび割れた線のようなものです。時間が経つと赤紫から白へと変化します。妊娠して、お腹にできた時は下の方からひび割れてしまうため、お腹がまるですいかのように見えることも。大きなお腹では、上からのぞいてみても下の方が見えづらいため、おへそから下は要注意です。

そして皮下組織に亀裂が入ってしまうため、一度できてしまった妊娠線は消えないという衝撃的な事実があります。急激に太ってしまった場合などは防ぎようがありませんが、妊娠線の場合は予測できるため、予防することができます。

 

■ 防ぐためには何をすればいいの?

妊娠線を防ぐために効果的なのは、ズバリ、オイルやクリームなどでのケア。

オイルやクリームなどを皮下組織に浸透させてあげることにより、皮膚がひっぱられたときにも皮下組織が順応しやすいため、出来にくくなります。お腹・おしり・ふともも・腕・ふくらはぎなど、妊娠線が出来る箇所はお腹以外もあるので、可能であれば妊娠の早い時期から妊娠線を意識して肌を潤してあげ、体全体のケアをしてあげるといいですね。

他にも、急激に体重を増やしてしまうと妊娠線が出来てしまうため、体重にも気を付けることも重要です。

 

妊娠線は予防できます。クリームやオイルなど様々な種類のものが売っていますので、自分に合ったケア用品で妊婦ライフを楽しんでください。

[執筆:三木育美(保育情報アドバイザー), 2014年8月16日]