40代、アラフォー以上の働く女性の関心事に「時間管理」があるのではないでしょうか? その証拠に雑誌などでは、スキマ時間を有効に使うノウハウなど、様々な情報で溢れかえっています。しかもアラフォー以上の大人女子ともなると、バタバタと慌ただしい様子を出してしまうのは、あまり格好良いものではないとお感じの方が多いのではないかと思います。

 

■ チェックリストを作り実践する

時間管理について筆者自身も実践しているのが、ルーティーンでやるべきことを「固定化」すること。わかりやすい言葉で言い換えると、チェックリストを作り、それを上からこなしていくという方法です。

具体的には朝、最初に行う業務のリスト化、メールのチェック方法や打ち合わせの準備、仕事だけでなく部屋の掃除など家事の手順などにチェックリストを作ります。

このチェックリストを使用することで、日々、ルーティーンの業務に関しては、考えずに仕事を片付けることができ、効率よく進めることができるのです。その結果、他の時間をより創造的な仕事に集中できる時間に充てることができるようになります。

 

■ 「時間管理」が「心の管理」にも役立つ

さて、このチェックリストを実践していて感じたのは、これは「時間管理」だけではなく「心の管理」にも大いに役立っているということです。まず、チェックリストでやるべきことが細かく決まっているので、1日終わってから「あ、あれを忘れていた」ということがありません。取りこぼしがないことで、ストレスに感じることが減っていきます。毎日やることが決まっていることなどは、毎日同じ手順でやることで、1日のリズム作りにも役立ちますね。

そして、もっとも嬉しいことは取りこぼしなくやるべきことがサクサク進んでいくと、達成感を味わうことができるわけです。その達成感は、自己肯定感につながります。また、より創造的な仕事に集中する時間を設けることができるようになるわけで、それも自己肯定感と同時にやる気にも影響します。最初のチェックリストを作る時だけ少々まとまった時間が必要になりますが、一度お試しあれ。

[執筆:高橋 雅美(心理カウンセラー),2015年11月5日]

 

※写真:Alliance / PIXTA、本文とは関係ありません