広島東洋カープが25年ぶりに優勝しましたね。カープファンにとっては、本当にうれしい出来事だったことでしょう。ことに、男性脳をもつ男性にとっては、自分のことのように歓喜乱舞しているのではないでしょうか。

というのも、スポーツ観戦は、男性にとって、ストレス対処法のひとつとなっているからです。

 

■ スポーツ観戦は男性のストレス解消法

心理学博士ジョン・グレイは著書『ベスト・パートナーになるために』のなかで、男性心理について触れています(※1)。その第3章、「男は分析して満足する、女は話してすっきりする」の中から一部をご紹介します。

「男女の違いでもっとも大きいのが「ストレス解消法」で、男性は、ストレスの種となっている問題を解決することにより、気持ちを取り直すのに対し、女性は、その問題に関して話すことによって気持ちを切り替えようとする。」

男性は、ストレスがたまると自分の心の穴の中に引きこもり、問題解決することに全神経を集中するが、満足すべき回答が得られないと、そのことを忘れるために、新聞を読んだり、テレビを見たり、車を運転したり、試合観戦したりするそうです。

 

■ 勝利すると自分が成功したように感じる男性たち

男性は、新聞やスポーツ観戦で、ストレスを解放し、心をリラックスさせるのだとか。

そして、応援していたチームが勝利した時は、自分が成功したような気分に浸ることができ、負けた時は、敗北感に打ちひしがれて、みじめな気持ちになってしまうそうです。それだけその世界に入り込み、一体化してしまうのですね。

夫婦問題カウンセラーをしている筆者のところには、「夫は私の話を全然聞いていない」「夫はテレビばかり見ている」「私には関心がないようです」など、夫に対する妻の不満の声が寄せられます。それは、夫がストレス解消から、本やテレビに熱中しすぎているせいかもしれません。特に女性は、話をしたがる傾向にありますから、寂しく感じてしまうのでしょう。

 

■ 男女は別々の星からやってきた!?

前述の本書の発行は、2001年6月。翻訳は、いまは亡き映画監督の大島渚さんです。サブタイトルには「男は火星(マース)から、女は金星(ヴィーナス)からやってきた」とあります。

もし、あなたがパートナーに対して不満を感じているのなら、男女の脳の違いを知り、本書のように、男女は異なった星からやってきた違う人種であると考えるといいかもしれません。夫婦間のトラブルがぐんと軽減できますよ。

[執筆:渡辺 里佳(夫婦関係・離婚カウンセラー), 2016年9月16日]

 

【参考】
※1. ジョン グレイ(2001)『ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた』三笠書房