産後ママのサポートコーチの筆者の元には、ママのみならずアラフォー女性からの相談も多く寄せられます。仕事はバリバリこなし、仕事の経験や実力や能力、そして経済力も豊富に持ち合わせた女性達が多いのですが、いざ恋愛になるととても不器用な印象を受けます。その中でもダメンズウォーカーから卒業したい! でもできない! そんなお悩みを多く耳にします。

 

■ ダメンズウォーカーの堂々巡り

「恋愛相手はダメンズ、そして私はダメンズウォーカー」と、客観的にかつ冷静に状況を把握されている相談者の方々が多いです。しかしながら、いざ関係を解消しようとすると実行に移せず躊躇してしまうのです。「もしかしたら彼が変わってくれるかもしれない」と淡い期待を抱くことも。それでも相変わらずのダメンズぶりに、やはり別れることを決意する、そして躊躇する。そんな堂々巡りをしているのです。

 

■ まずは自身の“思い込み”を解除

相談者の方々の話を聞くと、共通の“思い込み”がある印象を受けます。その思い込みとは、「人の役にたっている私は価値がある」ということ。つまり、ダメンズを選び、世話をやくことで、自身の存在価値を見出している傾向にあるのです。ダメンズウォーカーから本気で卒業をしたいのなら、まずはその思い込みを解除することです。ダメンズを変えることはできませんが、自分は変えることができるのですから。

 

いかがでしょうか? あなたと相思相愛になる人は、そのままのあなたを愛してくれる人です。あなたが自立しているから、とか強い女性だからとか、条件付きではありません。ひとまずは、自分自身の思い込みを手放すところから始めませんか? 思い込みを手放したい時は、筆者のようなカウンセラーを利用するといいですよ。カウンセラーは心の取扱いのプロです。一度、プロの手でお手入れをすることをお勧めします。思い込みから解放されてすっきりすると、きっと幸せな恋愛が待っているはずです。

[執筆:久保木 惠子(産後ママのサポートコーチ), 2017年10月5日]

 

【参考】
※執筆者:久保木恵子(産後ママのためのサポートコーチ)について。女性専用のカウンセリング『ボイスマルシェ』の登録カウンセラー。電話カウンセリングなので全国どこからでも利用できる、匿名で話せる、当日予約できるというボイスマルシェの特長を活かし、全国の女性たちの相談にのっている。一児の母。(久保木恵子の詳細

※写真:PIXTA、本文とは関係ありません